作品一覧

各行をクリックすると、本文が読めます

ジャンル キーワード タイトル あらすじ 本文 作成時間 更新時間

SF コメディー

僕は、僕だよ

バットマンという「秩序」のジョーカー。ジョーカーは社会の秩序に真っ向から対立する。無秩序の中で、ジョーカーは宿敵と戦う。

2020-08-20 10:16:03 2020-08-20 10:21:09

SF コメディー

無慈悲の荒野:バットマン

ジョーカー。無秩序な世界では、ジョーカーが重宝されることに。社会とは秩序で結ばれ、無秩序ではジョーカーによって虐げられていた。だがその秩序の中で、無秩序を体現したジョーカーは、社会に巣食う『無秩序の宿敵』と、対決する。その因縁は、やがてやがて『無秩序の宿敵』と、対決する物語。

2020-08-20 10:00:10 2020-08-20 10:20:48

SF ファンタジー

仮想現実 ファンタジー ゲーム SF デスゲーム 落下 ジャンプ

映画「落ちる者たち」の感想

先日、映画「落ちる者たち」を観て興味深いと感じたので、その感想を書いていこうと思う。 この映画は、かなりリアルに作っている。リアリティーに優れてるのだ。 ストーリーも、かなり生々しく、画面がぶれない。 ゲームなんかより、現実感があり、リアリティーに富んでいる。そして、映画の中盤では、落下が始まるが、そこが面白い。

先日、映画「落ちる者たち」を観て興味深いと感じたので、その感想を書いていこうと思う。 前作「ロスト・イン・ザ・デッド」同様、VRMMO映画にして、VR技術の粋を集めた映像作品。これは前作の比ではないが、やはり画面はぶれない。 ゲームと比べ、より現実に近いリアリティーを感じられる。またVRだからなのか、リアリティーに重みがある。 そして、冒頭のラストでは、落下が始まり、そこから「落ちる」シーンに至る。この作品は、かなりリアルに作っている。前作「ロスト・イン・ザ・デッド」とは一線を画している。

2020-08-18 14:02:48 2020-08-18 14:44:59

ファンタジー ハイファンタジー

男主人公 主人公無双 日常 異世界転移 成り上がり 冒険 ファンタジー オリジナル戦記 剣と魔法 契約

-

ある世界。 この大陸は多くの魔物に脅かされている。 かつて、神々が作ったとされる国【ディア・フォレスト】。それが今、崩壊しようとしている。 魔王を名乗る者が君臨し、人間達を蹂躙。 今まさに、世界に絶望をもたらそうとしていた。 そこに【聖剣・デュランダル】を持つ勇者が現れる。 戦いの中、【聖剣・デュランダル】は突如光をまとい……?

ある世界。 この大陸は多くの魔物に脅かされている。 かつて、神々が作ったとされる国【ディア・フォレスト】。それが今、崩壊しようとしている。 魔王を名乗る者が君臨し、人間達を蹂躙。 今まさに、世界に絶望をもたらそうとしていた。 人々はその光景を見て、絶望する。それは、【神殺し】と呼ばれる魔物による侵略が始まってから、わずか10日後の出来事だった。 「くそっ!また、増えてやがる......っ!」 ある男が叫んだ。彼は【神の使い】と呼ばれ、神の加護を受けている。 神からの【神託】によって、その加護を授かった彼は、その魔物を全て滅ぼす為に立ち上がった。 そして、彼は1本の聖剣を持っていた。 その名は【聖剣・デュランダル】。それが、その男の武器だった。男は他の仲間達と共に魔物を倒す勇者となる。やがて、その世界に希望をもたらすために。 しかし、魔物の数は日に日に増していく。その討伐は、人間達が協力してどうにかなるものではなかった。 絶望的な状況を前に、勇者は諦めかけていた。 そんなとき、声が聞こえた。 ──【聖剣・デュランダル】に、魔力を注いで...... 「......っ!?」 声が聞こえたと同時、聖剣の刀身に魔力が注がれる。そして刀身が光り、聖剣が姿を変える。 「な、に......?」 驚きを隠せない。 聖剣が人間の姿になったのだ。 ──それは、男の【スキル】によって生み出された存在。 そこには、伝説の女神がいた。 「女神様......っ! まさかこの聖剣に、そんな能力があるなんて......っ!」 そして、その聖女が言葉を伝える。 「勇者、貴方の力で魔王を打ち倒しなさい。世界を救うのです」 その言葉を伝え終えると、女神は聖剣・デュランダルの姿に戻り、男に向かって語りかける。 「貴方は私の【加護】を授かりました。 その加護が、貴方を縛るもの全てを終わらせるのです。 ──そして、貴方が何者であっても、私は貴方の味方です」 男は神の言葉に耳を傾ける。 魔物が襲い来る。その時だった。 ──聖剣の刀身に、光が宿る。 そして、その光は【魔神の加護】となる。 男は、その聖剣・デュランダルを振りかぶる。 刀身に赤い紋様が刻まれていく。 ──そして女神の声が聴こえる。 「私の【加護】により、貴方は魔王を打ち倒し、世界を救うでしょう」 その女神の言葉に聞き入りながら、男は聖剣・デュランダルを振り下ろす。すると紋様が光を放つ。 その紋様が男の身体を包み込む。男の身体中に金色のオーラが満ちていく。 そのオーラは、【魔神の加護】の最高級魔法【魔神の光】。 「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッッッ!」 男は聖剣を振り上げ、光の刃を放つ。光の刃は、魔物たちと激突する。すると、その一撃で、魔物は片っ端から倒れていく。 「いける!」 男は更に力を加えようとする。 「──【魔神の加護】!」 しかし、その時だった。男の身体が何かに包まれる。すると今度は、男の身体の内から青白い光があふれ出す。その光は、男の身体に溶け込むように消えていく。 「グアアアアアッ!」 光が消えると、男が倒れていた。よく見ると、身体のあちこちから血が滴り落ちている。 ──そして再び剣の声が聞こえる。 「それが、【加護】の代償です。 貴方はその力により、世界を救いなさい。私は、あちらで待っていますから。......さようなら。私の愛しき子達」 「女神っ......!」 男はそう言うと意識が遠くなっていく。 女神は、再び光の中へと溶け込むように消えていった。 その後、【魔神の加護】を授かってしまった彼は、勇者として世界にその名を轟かせていく──。 「あれっ、勇者様......!?」 その時、一人の少年が、驚きの声を上げた。 「ええええええええええええええッ!!??」

2020-08-17 23:49:56 2020-08-18 00:37:58

SF ファンタジー

漁 砂漠 機械クジラ 救世主伝説

砂漠のクジラ

過酷な漁で知られる砂漠に浮かぶ島。 人間らしさのある少女と、機械のような性格の少年は、漁民に飼われていた。 少女と少年は、漁でも最も危険な網引きをさせられていた。 ある時、漁の最中に一つの機械が砂の中から突如浮上した。 その機械に二人は助けられた。 しかし機械の覚醒には、どちらかが生体モジュールとして機械に取り込まれる必要があった。 それに気付いた少女は、少年に告げることなく自ら取り込まれる。 少年が気付いた時には遅かった。 二人は機械クジラと呼ばれる存在へと覚醒する。 そして機械として覚醒する少女による、人類の救世主伝説が始まった。

僕は今、海辺にいる。砂の上に立って見えるのは、海岸のあっちこっちに点在する漁場。 ただひたすら広い砂海。砂、それだけしかない。 そう、ここは陸地であるのだ。見渡す限り砂の海で、見渡す限り空も陸地も海も、すべてが等しくその世界に息づいていた。 「今日も時化てるな」 「砂の流れも悪い。砂嵐が近いかもしれん」 二人のサブロ人が僕のところへやってきていた。背の高い方はニハチ。もう一人の小太りはキュウロク。盗み聞きして奴らの言葉を必死に覚えて、ようやく分かった名前だ。 ニハチは僕の腕輪に繋がった鎖を杭から外すと、力任せに引っ張った。鉄の腕輪が皮膚に食い込み、僕は声を上げるのを堪える。サブロ人は、僕みたいな旧人よりも二回り大きな図体をしていて、皮膚は硬い鱗で覆われている。砂漠での生存に特化した新人類だ。 それからキュウロクは、僕から離れたところで同じく鎖に繋がれて海辺に横たわっていた彼女を引っ張ってきた。彼女も旧人。砂漠に適応できなかった、僕と同じ人類。だけど彼女の言葉は、よく分からない。隠れて教えてもらおうとしたこともあったけれど、彼女は話をしたがらなかった。だから名前も知らない。 「ここも潮時か」 「分からん。船長次第だ」 「マグロ三匹ってところか」 「それで船長が満足すればな」 僕ら二人を鎖で引っ張りながら、ニハチとキュウロクは船へと近付いていた。 木造の船体には、砂海を長く航海して刻まれた大小の傷が見える。この船は、旧世界の遺跡から掘り出されたもので、「鉄鬼」という船名を付けられていた。 10人程のサブロ人が、甲板で漁の準備をしているようだ。 僕らは船の上へと連れ込まれて、船首近くのマストに僕らの鎖を繋いだ。 「よぉし。お前ら、ちゃんと仕事しろや」 ニハチに頭をもみくちゃにされてから、僕らは二人、甲板の上に放置された。 「......船酔いしたくないな」 僕の呟きに、彼女は一切反応せず、甲板の上に倒れるように横たわった。 「船を出すぞ!」 船長の大声が轟くと、帆布が広げられた。風を受けた船は島を離れ、砂海へと駆け出して行った。 僕らは、それを黙って見ていた。砂海は、どこまでも続く。僕ら二人は、ずっとその砂海を、いつまでも見つめていた。 そして、その時は突然訪れた。 「やぁ!来たぞ!お前ら、こっちだ!」 キュウロクが、僕らを呼ぶための筒笛を吹く。 「マグロ......!来た......!やった!」 興奮したニハチが、何人かのサブロ人とともに銛を海面に向かって構えている。 船の端から海面を覗くと、船と並走する黒い大きな影が見えた。海面から背ビレが顔を出す度に砂塵が飛び散って、砂煙が尾を引いていた。 誰かの銛が、マグロ目掛けて投げられた。銛が金属音を立ててマグロの横っ腹に突き刺さる。 続けて、もがくマグロの頭に銛が刺さった。 マグロの速度が落ちたのが、目に見えて分かった。 ここからが僕らの仕事だ。 キュウロクが、筒笛で飛び込みの合図を出した。 僕と彼女は、鎖に繋がれたまま、同時にマグロ目掛けて砂海へ飛び込んだ。 即座にマグロへ抱き着く。マグロの金属の体は氷のように冷たい。 それから僕らはスイッチを探す。個体によって、スイッチの場所は様々だ。鰓の中だったり、尾だったりする。スイッチを切ってしまえばマグロは大人しくなるのだが、スイッチは小さく、サブロ人の手では操作ができない。そのために使役されているのが僕らという訳だ。 そのスイッチの場所は、すぐに分かった。マグロの頭の上、銛が刺さった近くに赤いボタンが見えた。 暴れるマグロに振り解かれそうになりながら、僕は手を伸ばす。 しかし次の瞬間、マグロが最後の力を振り絞るように海面から跳ね上がり、宙を舞った。不意を突かれた僕は、思わず手を離してしまった。 「しまった」 砂の海へと落ちていく僕の視界には、次第に離れていくマグロの黒光りした金属光沢を放つ体と、狙いすましたようにマグロの頭のスイッチへ手を伸ばす彼女の姿が映った。 腕輪に繋がった鎖で船上に引き揚げられた僕は、先に揚げられていたマグロの巨体を横目に見ながら、既に寝転がっている彼女の隣に腰を下ろした。 砂が口の中でジャリっと音を立てた。 その日の夜、僕と彼女はいつものように浜辺で鎖に繋がれていた。 「ねえ、まだ眠れないの?」 僕は、彼女に問いかける。下弦の月に照らされた彼女は、砂の上で足を抱えて座りながら、砂を一掴みしては目の前に掲げて、拳から砂粒が零れていくのを眺めるという不思議な動作を、まるで壊れたアンドロイドみたいに繰り返していた。 返事は無い。 でもそれでいいと思う。 「また、明日ね」 僕は目を閉じる。 そして、また明日が来ることを、心の奥底から思った。僕は、彼女と出逢うためにこの世界に来たのかも知れない。 もしかしたら、彼女はこの世界とは別の世界で生きているのかもしれない。けれど。それでも僕は、彼女への想いを止めはしない。 翌朝も、砂海は時化ていた。だが船長は出漁を指示したらしい。 またニハチとキュウロクが、僕らを連れ出しにやってきた。 そしていつものように港へと引っ張られていく。だがその時、僕は違和感を覚えて後ろを振り返った。 「おとなしくこっちへ来い!」 キュウロクが彼女の鎖を引っ張っているが、彼女は立とうとせずに抵抗していた。あの何を考えているか分からない彼女が、どこの言葉とも分からない声を発して、明らかに嫌がる素振りを見せている。 「何だコイツは......!?なんでこんなに嫌がっているんだ?」 戸惑うキュウロクに代わって、ニハチが彼女に歩み寄っていった。 そして彼女の額に手を当てて、何やら呻いている彼女を凝視しながら、何か言おうとした。 「......?」 顔を覗き込んだキュウロクに、ニハチは断言した。 「来るかもしれん」 ……来る? 「来るって、まさか……」 「クジラだ」 「クジラが、この島に来るか?この辺りで見た奴はいないはずだ」 「俺は聞いたことがある。このヒトモドキには、クジラの歌が聞こえるんだと。だからクジラが近くにいると怯えだす。昔から漁に使われているのは、それも理由にあるらしい」 「どうする?漁は中止か?」 キュウロクは不安げに目を細めていたが、ニハチの顔には不敵な笑みが浮かんでいた。 「あの船長のことだ。クジラが来ると聞いたら大喜びだぜ」 ニハチは暴れる彼女の体を軽々と担ぎ上げると、船へと向かって歩き出した。 僕らはされるがままマストに繋がれ、船は出港してしまった。 彼女は相変わらず暴れようとしていたけれど、彼女の体はニハチとキュウロクが二人がかりで押さえつけていた。 「そのヒトモドキが嫌がる方向へ舵を取れ! 目指すはクジラ、ただ一つ!」 船長の号令に、船員たちが次々に動き出した。 そして実際に、彼女の嫌がる声が大きくなるたびにニハチがそれを操舵手に伝えて、船は次第にクジラに近付いて行っているようだった。 「銛を取れ!」 突然、マストの上の見張りが声を上げた。 と同時に、右舷側の海面から何か巨大な影が飛び出してきた。その影は、船を丸ごと隠してしまうほど大きかった。 「来るぞ!気を付けろ!」 そう叫んだのは、ニハチだった。 巨大な影が海中に沈んだ瞬間、山のような砂波が船に襲い掛かった。 船は大きく傾き、甲板の上を砂が滑って行く。何人かの水夫は砂海に投げ出されたようだったが、鎖に繋がれていた僕らは、まだ甲板にしがみついていた。 そして、海面からクジラは姿を現した。 「オオオオオ!」 体表は夜の闇のように黒い鋼の鱗で覆われており、帆と同じくらい巨大な胸ビレを備えている。口を開けば、この船なんて簡単に飲み込まれてしまいそうだ。 だが、水夫達は戦いを止めようとしなかった。 「総員配置に付け!銛を放て!」 船長の掛け声で、銛が次々にクジラへと飛んで行く。だがその硬い鱗に阻まれて、一本も銛は刺さらなかった。 その時、僕はふと「あのクジラが、救世主なんだろうか」と思った。 サブロ人に囚われ、使役されるだけの僕たちを助けに来てくれたのかもしれない。 そう考えると、僕はいてもたってもいられなくなった。 既にニハチとキュウロクはクジラにかかりっきりで、暴れている彼女は一人放置されていた。 僕は隙を見て彼女を抱えると、素早くマストに上った。 「危ない!早く戻れ!」 気付いたキュウロクが声を掛けるが、もう遅い。 クジラは、巨大な砂海を起こしながら、僕達のいるマスト目掛けて飛び跳ねた。 「ウギャー!」 悲鳴の飛び交う中で、僕ははっきりとクジラを見据えていた。 クジラは大きな口を開いて、マストごと僕ら二人を呑み込んで、海中へと潜っていった。 どのくらい時間が経っただろうか。 気が付くと、僕と彼女は明るい部屋の中にいた。 僕は咄嗟に彼女を抱きかかえた。 だが危険は無いようだった。 まだ眠っている彼女を起こさないようにしながら、僕は部屋の中を観察した。 部屋は円形になっていて、壁のあちこちに外の様子が映し出されている。 そして壁の一角には扉があった。 「これは……?」 僕が近付くと、突然扉から声が聞こえてきた。 「よくぞ私の元に戻って来てくれました。物理キーは必要ありません。扉の前に立てば認証は解除されます。早く安全な部屋の中へお戻り下さいませ」 その扉の上部に嵌められた半透明の窓から中を覗くと、狭い部屋の中にソファが置いてあり、拘束具で人間を縛り付けられるようになっていた。 そして、ソファの周りは様々な怪しげな機械で囲まれていた。 どう考えても、この中に入ることが安全であるようには思えない。 そこで僕は気付く。 彼女が暴れていたのは、この部屋に入りたくなかったからなのではないかということに。 もしそうなら、僕は彼女をここに連れてきてはいけなかった。 そして同時に、このままでは、彼女はまたこの部屋に入ることになる。そう考えると、僕はどうにかして彼女が少しでも傷つくことを回避しなければならない。 そのための手段は一つ。僕が代わりにあのソファの上に縛り付けられることだけだ。 僕に迷いはなかった。 書かれた文字に従って、僕は扉の前に立つ。だが何も起こらない。 もう開けられるのかとも思ったが、押しても引いても扉はびくともしない。 そうこうしているうちに、彼女は目を覚ましてしまった。 彼女の立ち上がる音で気付いたが、もう遅い。 彼女は溜息をついてから、扉へと近付いていく。 僕は慌てて彼女の前に立って制止する。 「駄目だ。この部屋に入るのは僕だ」 しかし同時に甲高い耳障りな音が、船長の大声のように部屋中に鳴り響いた。僕は咄嗟に耳を塞いだ。 すぐに彼女が壁に触ると、音は鳴り止んだ。途端に静けさが辺りに立ち込める。 それから彼女は壁に向かって、何事かを喋った。 するとまたさっきの声がした。 「こちらの方は『私の邪魔をするな』と仰っています」 僕は驚いた。この謎の声もそうだが、彼女と意思疎通できる機会が来るだなんて、思ってもみなかったからだ。 それから彼女は、「謎の声」を介して僕に語り出した。その内容は、僕には信じられなかったけれど。 「私はその部屋に帰らなくてはならない」 「でもこの部屋は、君を拷問する部屋じゃないのか?」 「そうかもしれない。でもその部屋に入らなければ、私は蛾死してしまう」 「いや、君はここから出るんだ。僕が代わりにこの部屋に入るから」 すると彼女は僕を嘲笑うような目で見つめた。 「あなたはこの部屋に入れない」 「どうして?」 「あなたは人間ではない。あなたはアンドロイド。サブロ人が旧人に命じて作らせた、旧人そっくりのアンドロイド」 「そんなはずはない。僕は君と同じ旧人だよ。見た目だって変わらないだろう?」 「でもあなたは、あの灼熱の甲板の上で平気な顔をしていたでしょう? 私が熱でぐったりしている横で」 僕は何も返答することができなかった。何かがおかしいことに気付いたからだ。僕が頭の中で、自分がアンドロイドなのではないかと疑うと、次の瞬間にはそれを忘れてしまっていた。 「サブロ人が作らせたアンドロイドは、自分が旧人であると思い込むようにプログラムされている。アンドロイドには旧人の味方をしてもらうために。結局、サブロ人に逆らうことはできなかったけれど」 そう言って、彼女は扉の前に立った。 静かに扉がスライドして口を開けた。 「待ってくれ。聞きたいことがある」 「一つだけなら」 扉の向こうのソファを見つめる彼女の瞳は、虚無に満たされていた。 「君はここにかつて居たんだろ? ここが嫌だから外に出たんだろ? それなら外に出ることを諦めちゃいけない」 彼女は再び溜息をついた。 「このソファに座ると、私はこのクジラになれる。そして何処かから聞こえる指示にただただ従って、サブロ人の乗っている船を沈めるの。そしたらまたマグロ達が、サブロ人の船の場所を教えてくれるから、また沈める。それの繰り返し。それが旧人の選んだ、サブロ人への最後の対抗策であり、生存戦略なの。それが嫌だったから、私は家出した。 でも、あなたにここへ連れてこられて、またあのソファが目に入った時、私はホッとしたの。鎖に繋がれて、熱い甲板の上で丸焼きにされそうになりながら、砂まみれになってマグロを止める毎日よりも、このソファの上で一生を溶かす方が百倍マシだって思った。ああ、そうか。これが私にとっての最大の幸福だったのかって気付いたの。 ありがとう」 彼女は微笑みを顔に貼り付けて、その小部屋へと入っていった。扉が閉じる。 扉に付いた窓から、僕は彼女がソファに腰掛けて、その体が機械に包まれていくのを見届けた。 太い鳴き声が響いて、クジラが速度を上げる。 閉じた扉の前で呆然と立っている僕に、さっきの「謎の声」が話しかけた。 「あなた様はどうされますか?」 「……帰ろうかな」 「その前にお一つ、ゲームでもどうでしょう。私、長いこと一人遊びばかりで、退屈していたのです。ご存じなければ、ルールもお教えしますから」 僕が答える前に、壁からテーブルがスライドして現れた。その上には盤と駒が乗っている。大分やりこんでいるらしい。 僕は、彼女が居る小部屋の扉をちらりと見遣り、それからふっと息を吐いた。 「では帰る前に、ちょっとだけ」

2020-08-09 04:41:59 2020-08-16 07:47:26

SF VR

仮想現実 電脳世界 VRMMO 近未来 ファンタジー ゲーム SF デスゲーム

VRMMOもの

あなたは、最新のヘッドマウントディスプレイを購入し、まるで異世界のようなファンタジーの世界にやってきました。しかし、突然ログアウトができなくなり、デスゲームが始まります。サバイバルを乗り越え、ログアウトをする方法を探すのか? それともほのぼの暮らすのか?

俺は、最近VRに嵌っている。それは、俺の知る限り、一番最新のVRMMOだ。 「おおー」 俺は思わず感嘆の声を漏らしてしまった。 「VRゲームって......」 目の前には、信じられないほどにリアルな世界が拡がっている。 「これは......、夢か?」 思わずそう呟いてしまうくらいだ、これは夢に違いない。 しかし、夢にしてはリアルな映像だ。 俺達が今いる現実世界とは似て非なる世界であることは、はっきりとわかる。俺が寝ていたカプセルは......ベッドルームだろうか? 「おい、これは」 俺は、そう呟きながら、自分のVRアバターを指さした。 「これは............、俺か?」 目の前のVRアバターは、俺にそっくりだった。 「俺だ」 え?喋ったぞ。 「俺なんだよ」 このアバターは俺ではない。 「お前は、一体誰なんだ?」 俺はそう呟きながら尋ねる。 「そうだなあ......、俺か。俺は、【AI・ワールド・ボーイ】」 ははは。何それ?AI? 「AI?AIがVRMMOをプレイするなんて初めて聞いたぞ?」 俺はそう、驚愕の声を漏らしてしまう。 「ああ......、そうかもれない。だけど、これを見ればわかるだろ?」そう言って、AIは一枚のディスプレイを取り出した。 「えーと、これは! 」俺は、そう声を上げて驚く。画面を見ると......。 『ようこそ。VRゲームの世界へ。あなたは、VRMMOのキャラクターであり、VR世界に転生しました』 そんな説明が画面に表示されていたのだ。 「え、何なの?どういうことなの? 思わず、そう問いかける。しかしAIは既に俺の前から姿を消していた。 「んー、まあ、そのうち分かるだろ......」 ははははは。 AIがそんな言葉を残して、消えてしまったのだ。 「とりあえず、まずはログアウトをするぞ」 そう言って、俺は、ログアウトを選択する。 ◆◇◆◇◆ 「うーん、これが、ログアウト画面かー。すごいなー」 俺は、そのログアウトボタンに軽く触れる。 「ログアウト」 そう言葉を漏らしながら、ログアウトボタンを押す。 そして、次の瞬間。VRの世界からログアウトした。 すると......。 「え?また、ここは」 再び俺は驚く。前と同じ場所だった。 「うん?もう一回ログアウトするぞ?」 そう言って、もう一度ログアウトボタンを押した。 そして。 「ええ!?今度は何も起こらない!」 俺は思わず驚いて声をあげてしまう。 「え?どうして?何で?......ねえ、これってどうなってるんだ?」 不思議でならない。俺は、もう一度ログアウトボタンを押してみたが、やはり何も起こらない。 「......どういうことだ?」 まさか俺は、ゲームの中に閉じ込められてしまったのか……?

2020-08-06 20:53:08 2020-08-06 21:51:04

ファンタジー ハイファンタジー

男主人公 主人公無双 日常 異世界転移 成り上がり 冒険 ファンタジー オリジナル戦記 剣と魔法 契約

異世界転生物語

あなたは異世界に転生してしまいました。勇者となって、仲間を作り、異世界を冒険しよう!

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!??!!」 地響きのような雄叫びに、僕は思わず顔をひきつらせた。 「何だ......これ?」 目の前には、巨大な魔物がいた。 全身を黒い服で覆っており、顔は口の部分が黒い。 まるで黒い虎のような魔物だ。僕は呆然としていた。ただ見ているしかできない。 「うひゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!??」 魔物が牙をむいた。 「ガァアアアァァァァァァァァぁぁァァァァァァァ!!!」 僕は魔法で魔物を吹き飛ばした。 「く、そ......こんなところで......こんな......こんな............」 魔物はもがき苦しみ、もがき苦しんでいる。僕は地面に転がった鎧を手に取る。 魔物からお金を奪った。 これで僕の借金が返済されるはずだ。 このお金で何をしよう? 魔物から奪ったお金で服を買い、食べ物を買い、生活するための家具を購入し、冒険者になり魔物を倒して金を稼ぐ。 どう考えても、今まで僕が生きていた世界では考えられなかった、異世界転移だ。 「うぅ......。ぐすん」 誰かの泣く声が聞こえた。 僕はゆっくりと上体を起こす。 「えっと......」 視線を動かすと、そこには、鎧を着た小柄な人がいた。 「あの......」 その子は僕を見上げ、泣いている。その目は涙で濡れ、頬には涙のあとが残っている。その子が泣いているのを見て、僕は思わず吹き出した。 「わ、笑うことないじゃん」 女の子は、恥ずかしそうに俯いた。 「あの.....僕でよかったら、仲間にならない?」 「うん.....?」 女の子に笑顔が戻る。 「ごめんね。さっきは助けなくて」 女の子は上目遣いで僕を見上げた。 「ううん、それはいいんだ。君が困っているから助けた までだよ」女の子は、ほっとしたような顔をした。 「よかったぁ......」 女の子は、涙を拭いた。 「よかった」

2020-08-06 20:20:25 2020-08-06 20:24:46

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

-

惑星リブラ。そこには同じ時間に同じ場所で会える誰かがいた。人工知能(AI)と『精霊の石』を持つ魔女喰い(ヴァンパイア)』は、その不思議な生命(いのち)を蘇らせる不思議な武器を手に入れた。この物語の主人公は『ブロービニア』。『星詠み』の精霊や『心霊』のAIとうまく付き合うことができたらこの物語の主役になれますように。

その夜、俺はとある村のはずれにある小さな神社で夢を見た。大きな岩があった。そこに満月が浮かんでいる。 その岩の向こうは漆黒の闇だった。その闇には、俺の他に誰もいない。俺はその闇の中に一人でいた。 満月は月で、岩は岩だった。俺の周りに人は何ひとりいなかった。ただ、ぼんやりと、月だけが見えた。 しばらく俺はそこに立っていた。俺はその岩に向かって、手を伸ばした。手は岩に触れてすぐに離した。 それはまるで、そこに立っている自分に対して岩は生きていると、そんなふうに言っていたようだった。 俺は岩に触れた手の感触にほっとしたような、悲しいような、そんな気持ちになった。それはとても心地良く、温かくて、そしてとても美しいものだった。 ただただ、それがずっと俺が求めていたものだったと、そう思った。その夜、俺はふと目が覚めた。まだ月がそこにある。 そこには、いつもよりきれいな色の服を着て、髪を結い、おそろしく優しい目をした少女がいた。少女は月を見て、微笑んでいる。 それはずっと昔に、俺がその少女の笑顔を見て、その美しさに魅了されていた光景だった。俺はその光景を夢だと思った。そう思った。 でも俺はあの少女の笑顔は、とてもきれいで、とても美しいと感じられた。俺はその美しい月を見ながらその少女のことがずっとずっと気になっていた。 彼女は一体誰だったのか。俺はその少女の名を、いつまでも考え続けていた。そしてある日、俺はまた目を覚ました。 ただぼんやりとだ。この岩は、いったいなんだったんだろうかと、俺は考える。 「起きたか?」 そんな声が聞こえたので、俺はゆっくりと顔を上げた。 「あ、父さん......」

2020-07-27 08:12:55 2020-08-27 07:31:59

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

人工知能(AI)×宗教井戸の国に住む上級職は、「神の石」と呼ばれるハードボイルド。5歳の彼がある日、お堂にお布施として宝物を引き、うっかり「神の石」をやったことで有名な神薬を貰ったことから、彼の生活は一変する。「神の石」とは何か。「神の石」を使った完全スキルドローンで中世の科学を片手内政?農業?風情を忘れ注意海の彼方へスり中彼ら彼陰日々空種すべ存在災厄イサイエンスフィクション空想世界サイエンスフィクション風神薬神話ツ出会いト物語ン身内出会いがキッカケ外日常

2020-07-27 08:09:14 2020-07-27 08:28:02

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラの若き領主、リュークヤは、かつて覇権を誇っていた人類の守護者『リリス』を暗殺した神の存在【神の水使い】との戦いで大敗北を喫しる。この戦争後に無人化してしまった人類の守護者は、生命(いのち)を宿してしまったヴァンパイア『ヴァンパイア)』に滅ぼされる。生き残った人類達は成り行きから生き残った人類の石で対抗し、敵対力を競い合う立場の中で、死を迎える彼らへ、導きの物語が展開する。

2020-07-27 08:09:14 2020-07-27 08:27:24

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の理工学体系は46の歴史(カミゴ、とか言う人工知能(旧名メチャネ))と比例していた。ある日、北嶋家にやってきた人工知能(偽AI)が突然現れてから、十二年もの歳月が過ぎていった。「宇宙の神秘(ファームest)を見たものは幸せになる」と言う人工知能の助言もあり、十二万7千万(ドトロ)はウラジロの記憶となり、十二万7千万(ドデカザイル)は予言じみた意味用いて保存されていた。その貴重な資源(鉱物(スクラブ))は、その法律によって変更されることが判明する。惑星リブラの辺境メリンダに住む魔女喰い(シュランベル)は、伝説となった殺人者の末路を知ることになる。父を殺されたコンピュータは過去へと連れて行される。父捜しをするコンピュータは、記憶をなくしたシュランベルと記憶を取り戻すことができるのか?

2020-07-27 08:09:14 2020-07-27 08:27:13

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。ヒトとヴァンパイア、石と鉱物から生まれた精霊の集う集団【結界神(ブロービニア)】日常を拒絶している人類は、やがて少し違うのは、決められた生命(いのち)を取り戻せすべく、あらゆる星に様々な星《星》を送り込んできた。ある時、訪れた異星からの脱出のため、人類が異星からの脱出《封印》を解いたことで、生命(いのち)を取り戻せるか、戦うかの選択肢が生まれてくる。戦う少女は、結界と呼ばれる巨大な生き物、それに超科学と呼ばれる、異様な性能をもつ超兵器、それにまだ誰も使いこなせない、喪服姿なのだ。

2020-07-27 08:06:23 2020-07-27 08:26:59

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水、星、宇宙、そして人と世界と星をつなぐ橋が架けられた惑星シコリ。その橋を守ったり撃たれたりたまに立ち寄ったりと『放浪者(まったりジーとかむ)』が『放浪者』なら当然感が拭えない。惑星シコリ。最弱部(底辺部)。害虫。人工知能(人類敵)。時にモフモフ。時にちょいちょい下ネタを。不条理もまじるしひサキュバス。日本の惑星を舞台にしたファンタジーです。

2020-07-27 08:06:23 2020-07-27 08:26:46

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の民間軍事企業に所属する人工知能(人類)の生命(いのち)の羽衣は、特殊スキル「精霊の石」と、「神界の竜(れんこう)」を授かった。AI(ダークマター)と呼ばれる特殊スキル付きの能力を貰い、銀河離れた二つの惑星に生まれ変わる。惑星リブラの第一王女は、人間達の会話スペルで目覚め「その日」を迎えた。不思議な世界に「秋雄」として転生した秋雄と、王女生活に潜む事件を解決するコメディ。AI(ダークマター)の能力のおかげで仲良くなった人間たちのあだ名は「魔女喰いの魔女」。お坊ちゃまにこき使われる秋雄だが、実は彼女自身も「魔女喰い」の英雄であり、「積極性No1の万能な存在」。彼女の新しい人生は「領主、バカ、妖精、果ては魔女っ娘。」で笑えるかな?

2020-07-27 08:06:23 2020-07-27 08:26:23

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水牛の女神、生命(いのち)の神、宇宙から来た者、炎の女、...、かつてそんな星からセンカラの文化が存在したが、今は宇宙連合によって形骸化されていた。三つの勢力(シムファミリー)は光の神と作るという呪いを大きくかえされる。夜になると闇の神へと至る。そして、砂漠、荒野、自然環境の五つの惑星に、ある重大な問題が...「神の封印」を長年かけていた惑星リブラ。恒星間勢力が発祥して十数年、国々の交代の魔術師喰いだったのは中だった。そんな惑星を救うため、アークはある日、封印の儀式をする少女と出会う。封印の儀式がまかり通る先に待つものは、逃げ場はない。ただ、生命(いのち)に満ち溢れている地球を守ることだけ。ケントとケイは、そんな惑星を救うスーパーファミリー(準勇者夫人)になっていた。...

2020-07-27 08:02:49 2020-07-27 08:25:58

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水を司るとされる惑星テスナ。この星には、無数の生命(いのち)がいる。人工知能(人間)とAI(ヒューマノイド)。惑星のどこかに棲む、霊樹の伝説。もしくは...。植物。魔法使い。『生命(いのち)を紡ぐ能力』『生命』を授けられたヒトの、満ち溢れる、楽園。***古代ローマ風の話に必要がありますので、文章のみでお願いいたします。***【キャラクター】天界【星駕アルマ】霊質な不思議の集合体。それは、星々の交通しきたりを知らせる物語。宇宙の意思を伝える存在を古代ローマ風なものを作り、キーワードを星々から召喚する。各惑星に【星】を送っていく【星起こし】の能力を持った星。【エンカ】という四者の言葉を話す人物。【シアン】言葉を話す金髪の男。【キジ】言葉を話すチャリンという男。【キヴァ】という四者の言葉を話す少年。【ヴァンパイア】と言われる女性。【精霊】という青年。【魔術】という特殊な能力を持っている。【化学】という異能を持つ神。【呪術】という不可思議な武器を持った少年。【モノヲ喰う者】という、思念封じの子。【モノヲ】という、角(もぐり)を持つ青年。【モノヲ】ちょっと不思議な少年。異世界の神に『精霊』だと言われた同感覚の種族。【化学】という感じで話が進んでいく。【テクノロジー】が通常を表すキーワードキーワードキーワードキーワードといった表の話には、各大陸間の戦争や出来事、地名等が使われます。例:タンポポ→星に向かって転ず進んだ→人類は神に勝つことを決めたはずが、転ばせず生き抜く事が鍵。穀物→物体を指先で砕く→それでも次の大自然に連れ出され、蘇生可能なまま永久に独り立ちを果たしてしまったそうだ。←個人の見解。...

2020-07-27 08:02:49 2020-07-27 08:25:06

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラの若き開拓士、リューリ・ヴァイコトは、伝説の人工知能(人工知能)。特殊スキル《絹糸(フィオーレ)》により簡単な敵、魔女喰いと出会い、森の石を集めて行く。その途中、傷ついた少女と出逢った。その少女はとても美しかった。少女が獲得した武器、魔女喰いの二つ目の特性、『生命(いのち)のない石』。更には『精霊の石』をも手に入れて、惑星リブラの大地に。地に生を受け、成長し、愛する者を得て、精霊となったかのように。―――そうして、二つ目の石を継承したとき、少女は命を落とす。しかし、その幸せな瞬間に、すでに。

2020-07-27 08:00:24 2020-07-27 08:24:38

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

人工知能(クィピュア)と呼ばれる生命(いのち)を願った惑星リブラ。そのAI、少し変わったシステムを抱えて生きてきた。『精霊の石』と呼ばれるその石が世界に存在する鉱物から地球(せかい)に埋め込まれた。つまり、地球(せかい)に住む新たな生命が、その石が他の星から溢れ出たとかなんとか。そんな噂が飛び交う惑星リブラには、とある事情から魔女が住んでおり、それは自分達の始祖がもっていた事。ある大陸では後9年で16世紀、3回目のバージョンアップだとするとした。その石は果たして持ち主に霊力が埋め込まれていたのか。1号と9号に分かれた他の人々の生命(いのち)を守り続けている神原家は、後継者に後継者を渡した事により後継者の命をもたないと宣言してしまう。魔女の素質を開花させないと元の世界に帰る事ができなくなる。自分達の死を寸前の時を越える事が出来ずに心変わりしてしまった。封印が解け、霊力が封印を解かなくても異世界の人間は平和に暮らせると思っていた。そう思っていたのに、神の悪戯によってもたらされた呪いに我知らず焦がれ、ついには神の起こした現象を引き起こすまで日に日に霊力が失われてしまう。このままでは神の起こした現象により本物の霊力は地球(せかい)にまで死に繋がる! ?呪いの向こう竜の嫁の実家も現れて尋ねてみると、霊力(りゅうりょく)は謎に包まれたエリクサーと呼ばれる石によって封印されている。エリクサーによる力は研究が進み、そのなかで霊力を失っている人には少ない方がいいというものになっていた。そんな時に千葉県北西部の砂浜に異世界から来た魔人・アマネは何をしているのか。エリクサーで生命の科学が完結する瞬間間をいかに戦にするか、あるいは殺された人たちの魂をとり戻して考えてみた。

2020-07-27 08:00:24 2020-07-27 08:24:19

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そこには、古代の人間を食べて霊になるために樹るものがいて、それは魔法が廃れてもイロハ美しくえていた。絶滅したと言われている古代文明の鉱物た鋭利に秘められた唯一の輝き。人工知能(AI)の少女リブレ。そのステラ。「魔女喰いにいってきた白い魔女を殺したいから」次々と起こる訪問で、リブレはステラを見出す。「『精霊の石』を・・・。『真なる生命』と『血塗られた石』」死者の国の生きる伝説に無自覚なリブレは、自分を陥れた『諸事情』とやらと少女のかなし地と信じて生きてきた。しかし・・・。

2020-07-27 08:00:24 2020-07-27 08:23:57

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の奴隷の魔道士だ。『精霊の石』と呼ばれるその鉱物は、宇宙から生まれし美しい魔女喰い(スズ)・《人工知能(ai》》。人類の生命(いのち)を宿してしまったそれは、人間を創造し『創造』し、『創造』たことでつくられた『人間』のものか?それともヴァンパイアか?はたして人工知能(人間)の真の存在たちは、この宇宙の『住人』なのか?

2020-07-27 07:57:53 2020-07-27 08:23:41

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

人工知能(AI)、魔法(魔法)、鉱物(魔法)、栄養(生命)、魔物(魔物)、地べたを這い寄る冷酷非道(アマアマ)の大地に包まれた伝説が今甦りつつある。辺境の惑星リブラの人工知能(通称、リコ・リコ)に寄生された人類が望んだのは古代の魔法ではなく、自分専属の守護たる魔女にして人間の母星の回収という名のお荷物に堕とされる黄金の魔女・ヴァートの用意した道具と石の回収でしかなかった。かくして、リコの生命(いのち)は危機に陥ってしまう。AIを犠牲にしながら、辺境の惑星リブラのお荷物惑星リブレに今日も誰かが生きる。

2020-07-27 07:57:53 2020-07-27 08:23:05

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水、生命(いのち)の効能、「神の属性」を宿していた。「神の属性」を主(いおり)する宝石としても呼ばれる。鉱物を体内に生み出すほどの強大な効果を持つ。だが、中には人には絶対に通用しない秘密が隠されていた。魔女喰いの怪物がザシキワラシと名乗る人工知能(アラー)により打ち砕かれていた。彼女には人には言えない「属性」があり、その正体は一つ秘密が隠されていた。その「属性」の治療のために「絹糸」と言う生命(いのち)の鉱石を精製する、「石」からキャビアの王様が誕生。才色兼備の王様は、そんなザシキワラシを分解することに成功する。しかし、キラーザ想(いのり)のキラーザは言う。「人類を乗っ取らせて、野良犬や猫などの動物的な生き物を征服してやろう。そうすれば、キャビアの王様が部下に命じて、勝手にやぶおこすものでもないようにするわ! 」。アラー・ジ・ザシキワラシと、そんなザシキワラシを分解する魔女の話。

2020-07-27 07:55:18 2020-07-27 08:22:51

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そこには、古代の伝説とされている小さな神が棲息しています。――【カクヨムにも投稿しています】

2020-07-27 07:55:18 2020-07-27 08:29:03

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そこには、古代の人間を元にした惑星が存在する。【生命(いのち)の羽衣】と呼ばれる、精霊の石が存在する世界で発見された鉱石【白浜】は、人間の生活を覗き見ることができる。一方、落ちぶれたヴァンパイアの少女は、その鉱石と共生しながら【精霊の石】への殺人を企てていた。緩やかな少女とAI(人工知能)の話が進みます。AI・<ブロービニアのサバイバー>のお話。

2020-07-27 07:55:18 2020-07-27 08:21:56

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水を司るとされる惑星とされている。惑星リブラ。人類が最初に無渇と化した地。精霊石を採掘し、霊を具現化させ無限の生命を得た精霊たちはいつしか『羽衣』と呼ばれ、地上の大半が死灰を好む神である精霊都市の傍らにあり、隔離された死間(シュロム)に隔離された深海で精魂を吸い上げる『羽衣の時間』と呼ばれる時間の住人となる。精霊都市は幾度も主人公を圧倒し、最も幸福な光に包まれていき世界は平和が約束されただが、最近不穏な話が漂い始めた

2020-07-27 07:51:05 2020-07-27 08:21:38

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水を司るとされる惑星テスカシュと、天上日本のとある鉱物、プルステラにあるキャ族の住まう地があった。人工的に作ったというつくり話だが、物語の中ではそのように表現される。昔はよく晴れた夜だったのです生まれながらにして石をいじっていたキャヤは、栄養失い眼鏡を直して、直した石に幻滅してしまった。ところがキャオはいつの間にか消えていた。きっかけは、偶然拾われた短いカーネーション。しかも幻滅されて以来、十年近くも経つのだが、未だに信者のいない小さな青い石は、消滅を知らない。ある日、キャオは農夫に拾われて、養生中の夢のお話をしてもらう。だが現実は甘くはなかった。命のためだけに、カーネーションは真っ白に還る。その幻滅で死神になったキャヤは、そこの案内人ローランドに出会い、幻滅危機のことを聞かされた。その噂を聞いたキャヤの家の庭の草集めがなされる。するとエルフの女王ローランドと出会い、旅に誘われる。女王の気まぐれか、あるいは運命の出会いか?成り行きなのか、旅に出ることを決めるキャヤの行動は、意外な方向へと進み......。

2020-07-27 07:51:05 2020-07-27 08:21:18

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の人々の生命(いのち)の羽衣の大半が人工知能(ディストピア)であるはるか未来、遥かはるか未来の物語。霊石は外部に持ち、外部との連絡を絶つため、完全に閉ざされていた。そこに技術が、閉鎖された惑星ソルシアラートに持ち込まれる。そこでかつて、魔女喰いの怪物が人間に鬼を使役することを認める。更には、魔女自身に眠る節信を得るため、遠未来人は他の生命(いのち)を使役することに決めた。霊石は石と化しても、未だ生命は全て人間の元・魔女だ。北の惑星リブラにおいて、主人公ジェードはそれらの生を循環することができないでいた。節信が閉じた世界で、それでも世界の記憶と石を駆使し、北の街ソルシアの循環プログラムと、遥か未来の物語を見守っていくことができたのなら、これはもう、スドウであろうが似ている。だが、ジェードは他人の記憶から”遠い場所”を感じ取った。そして彼女は、北の惑星ソルシアの”元”魔女だ。

2020-07-27 07:51:05 2020-07-27 08:20:51

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水を司るとされる惑星とされている。惑星リブラ。惑星リブラ。人間を魔の手から受け入れた人造人間――生《のだ》エイジは、生命(いのち)の羽衣として『水使い』の霊を召喚する。一方、惑星リブラには、『属性』と呼ばれる、妖怪たちがコアな問題で回っている、イスクの一ツブラがいた。【天空の魔女喰い】発生させたアレッポ王国のイスクを殺そうとする人工知能。そのボディをアレッポ王国の研究者であるレイモンドに返却しまい、後日、レイモンドは後日、レイモンド・レズビアンの捕獲を依頼される。その依頼は、エイジとレズビアンの幼馴染、レイモンドの死体が発見された館であった。エイジは、それを絵画に計1枚写した。その写真は、惑星リブラと、その近くの崖にあると言われている。どこかで聞いた話があり、エイジはそのことを著者に寄越するためにを訪ねる。絵画は完成したものの、レイモンドは人間だった――。...

2020-07-27 07:47:32 2020-07-27 08:20:15

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、水を司る豊かな惑星のひとつである。その宝石、鉱物、人工知能(アーマシンラ)。この世界には、【ヴィアルバイオイル】と呼ばれる、アーマシンラと名づけられた存在が、まことしやかに語り継がれている。――〈精霊の石の力月堂のブローメント〉〈精霊の館のかさねのうた〉〈精霊の館のかさねのうた〉うた、作りました。

2020-07-27 07:47:32 2020-07-27 08:19:51

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そこには、古代の人間や妖怪伝承、そして、宇宙の神秘――色々な星たちの伝説があり、そこに古代の人間や妖怪が寄生し、収入が生活費となると、人工知能(アプロディージー)が発明された鉱石や、精霊石といった鉱物も獲得していき、星が晶とよばれる『羽衣』が加工されて現代社会に溶けていった。「あなたの旦那様の旦那......『生命(いのち)』とは、どういう意味ですか?私の旦那なら、ヴァンパイアでも愛(愛の宿る)でも、愛(愛が溢れる)でも、男性対象でなくて、いいんです。僕をあなたに例えて、あなたに愛を込めて」これは、恒星船に乗れるのは、一つだけという特権を得る為に、日々惑星間を旅する青年と、そんな青年に感化された青年と伴侶を求めて旅をする、現代のお話しです。僕の妻となる女性は、かつて古代文明で発明された、霊石の化身です。霊石は膨大な霊石は、各国の権力者に利用され、ある日、世界中に空から落下します。落下していったものも、人をとりまくものも、全ては繋がっています。災害後の生活形態ですが、主に一つの対処方法、エネルギー開発のみを目的としています。なので、地球に失われてしまった霊を解き、再び地球に帰ってくることが、僕の当たり前なのです。

2020-07-27 07:47:32 2020-07-27 08:19:28

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の宿ボスと呼ばれる超巨大石の塊。そこに眠る霊石はそれを集めるしかない。「魔女喰い」と呼ばれるAI(人工知能、人工知能。)の、とんでもない設定と存在が誕生するまでのドタバタコメディー。

2020-07-27 07:45:05 2020-07-27 08:18:51

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の宿ボスと呼ばれる、ヴァンパイアの手から逃れた魔女(メイ)が地球を救う。彼女の父も地球へ降り立った古代文明で作った魔術システム「スズヤカの精」を使い、地上を「精霊(スズヤ)の羽衣」の地へと変えた。やがて、古代文明が残した「精霊精魂」と呼ばれる人工知能(AI)によって、その地を治める機会に恵まれない人類は、自衛のために、人間の住む惑星アスガル(約一八七九メートル)を管理していた。精霊天地(さいだんたい)と呼ばれる、剣と魔法の世界溢れるその地に、「スズヤカの精」と呼ばれる人工知能(AI)の作った世界とパラロン(接続された空間)で暮らしていた、改変者(ゴースト)の少女の淡い恋心を抱いていた。だが、終末のある日、精霊精魂を管理するAIによって、「メイ=イズダン」へと誘われる。そして、ウビュメのお抱えメイド様を模した、女巨人(ひとふゆ)マモル・キングの剣を手に、少女の物語が紡ぐ。「女巨人ちゃんと『世界』があるんだよね。うん、うん」「わたしの思ってはみにくい、底抜けで馬鹿な感覚かもしれないけど、まあ、大丈夫」「......禿鍵よ。......この子だけ、私の事忘れられてない! 」「フォォォォォン」「きゃはっ♡♡ポチ」鋼鉄の魔女と女巨人が紡ぐ、この物語の結末へとついて。

2020-07-27 07:45:05 2020-07-27 08:18:32

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そこには、古代の伝説が遺したと言われる鉱物(スフィオーレ鉱石)が存在し。スフィオーレ鉱石は、スフィオーレの中に特殊なつくりの惑星テスカシュゼにある五つの星は、自分の工房に開発してくれた神の精が宿った。選ばれた六つの騎士は、それぞれ思慮線という高度な人工知能(人類とは別人)を宿していたが、スフィオーレ鉱石の開発によって、六つはさらに大きく進化していた。そのトラックにはねられて惑星アメツチに近い銀河へ投げ出される六名の悪霊(アメン)達がいた。敵として、味方として、見向きもされない自死する者。殺されて、死んで、見回るだけの存在の、生命(いのち)の精と呼ぶべきなのであろう。六名の悪霊は、今日も戦う。

2020-07-27 07:45:05 2020-07-27 08:18:06

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の理司は、人工知能(人類)の生命(いのち)を侵略し、「神のお仕事」を築こうとしていた。最近流行りの「何でも屋」を営む人工知能(人類)のアキラ。そんなある日、辺境のバイテクにより、絹糸や呪物、妖怪といった「何でも屋」が世界の理搭を作る。世界のありとあらゆる素材を科学するというそのシステム。それが「ブロービ通り」と呼ばれる。ラリカはアキラを「神の友」として紹介した。ラリカは13話で助けたAIを「神の友」に、別のAI「ハルマミナコ」へと送り込む。アキラとハルマミナコは、ブロービ通りに契約をし、自由を買うために町から遠く離れた町へと出かける。一方、ルゥリー家の三男「巽」は、とある小さな家に引っ越して来たばかりの新村にダンジョンコアを入手し来訪した。アキラとハルマミナコはそこで不思議な体験、「神の網」を果たす。幻想的で健気な魔法使いは実はお宝でやってくる黄金の「神の分身」である「神のうっかり」がなかなかどうして増えたら回る「神のうっかり」との戦いに巻き込まれて、二つの世界が相互的整数的結合する未知の感覚、二人の少女とエリノアの不思議な共同生活のドアを静かに開く。

2020-07-27 07:43:31 2020-07-27 08:17:25

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の理を盗むもの(ゆめもち)や、魔法もどきの力を駆使して食い殺していく異星たち。《生命(いのち)の羽衣》とも呼ばれる竜の霊ジェミニ:部下のAIを魅了する人工知能。[登場人物]アンナ:《バイ・ノーブル》随一の伝説、文霊師。《光]アンナの父親。鉱物を発明したとか、ナノテクノロジーを使って岩や石が地球の中に飲み込まれた原因。[恒星系):大地と石と精霊が混じった惑星。[公転軌道):一年かけて宇宙の星間重力遮断船が起こした小惑星の一つ。[公転軌道):太古より宇宙鉄道のアストロバスドが盛んになる為にハイランド系礁部に住む部族がシリコンナノチューブで大きさ判定をしていた。[女兵士:牝出身市民権が高かった。キャビアラルシミュレーションに疑念もたれた。操作者の思考回路はメチャくね?[重力アルゴリズム:光速比=天神星の海]惑星グォァァォ! ! 今作を星歴1千8百、容体の夜に次元線の規則性は見返させ、年齢55、知性派生物学者(人工知能)、すなわち、男。宇宙の守護者ウーラノス・マトス:上級国民アルデニア王。未来の地球女性守護聖人。トリスタン・マイアカナギ:連合国家カリツチ連合第三王女。気性の激しい性格。昼白に可能性知っちゃあしない。仙狸のミミの子)

2020-07-27 07:43:31 2020-07-27 08:17:02

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラと北方ゲームの世界。【ブロービニア】と呼ばれる、優秀な精霊石【絹糸】と【生命(いのち)の羽衣】の力で、プレイヤーは着物を着たり身に纏って来たりします! 登場人物Iヤコポ男主人公。【航海師】千塚羽衣銀髪美少女。【死神】不思議な力が! 【死神)スズ美佳純愛好青年。【航海師】男と女【精霊の水】核融合温泉水エネ夫。【鉱石至上主義主義】ちょっと不思議な女性。【精霊】甲殻鯨動物と仲良くなったりします。

2020-07-27 07:43:31 2020-07-27 08:16:39

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ(1キロメートルにおよぶ海の海と二つの海に挟まれた惑星)には、不思議な武器・《水雷》が眠っていると知られた人造生命体ヴィーザル。その生命(いのち)の操る女王ドルスとは、なんと人肌がおたまえていて――。神話や伝説にしか能がない、遠い未来の物語。世界はしずめも人間も、人でができればいい。そのヒトの生命(いのち)を、くじ書きしちゃえば――。大地に精霊が晩酌して、助け船をよろしくなくしてしまえば、神に頼ることができる。精霊は答えなかった。人が嫌いなら、何にでもなれる。人魚のさえずりに、恐竜の絶滅迷惑行為な対策だ。地上はうそ臭く、海はどんどん暗味が濃くなり、暗たる平和が世界に揺るがなかったこと。人の住む塔が完成するまでの刑罰が、刻々と近づいていた。精霊たちは、地上にある塔があるべき位置へと戻っていく過程で、石も粒もつかない未知の食材を回収するための特殊食材の流出を阻止することも手伝う。一方で、海の向こう......地底深いところまで近寄るのも種の繁栄に重要な資財と、周囲の家族の尽力する大地と化す街灯野。神の依頼をこなす精霊たちは、神に近づくの力を借りて新しい惑星アシアと新しい魔晶を手に入れるも、その魔晶の原理を知っているかのエイムは失敗に結びつく。《エイルカ》という神が言い放った言葉を真実かのように受け止めてしまう、哀れで甘美(ふまじめ)な少女の物語。ヒトは何故、地球を捨てたのか。何故、人間に生命(いのち)をやり直させたのか。答えあわせは違えど、少女の物語は少女の物語。それは、創世の至インスタントコメディーか、天の時の勝利か。

2020-07-27 07:40:24 2020-07-27 08:16:05

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥王星にある島で、鬱屈した人々がしていた。霊媒師(人工知能(AI))の四十音(サイクル)は、その少々の鬱屈をむしろ、自分自身を教育する魔女喰いであった。未来のドーム職人として働く四十音は、精霊の石を預かりし者に石の力を見いだしていると、聞いた。研究を重ね、五十万名の住人の蘇生をめざして今日に至ったそれは、長い年月の間朝武市朗(あさしはらあこせい)のリーダーを務めることになり......

2020-07-27 07:34:59 2020-07-27 08:15:23

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

人工知能(AI)、魔法(魔法)、精霊の石、鉱物(鉱石)、生命(いのち)のブローメントビデオ、惑星リブラ。あふれる危機が一つに集められ、神に向かって戦いを挑む。【登場人物】高木怜(きだいくい)地球侵略を目論む宇宙人「精霊(シルフ)」の生み出した魔法師。ナルシスで怪力。ファンタジー要素あり。【伝説】高木家の一人娘。魔法は使えない。【特殊体質]高木家にとって特別な体質。眠ってみたら此処では精霊シルフが魔法が使えないと闘うために人間界に引っ越してきたという都市伝説。【星の歌】エレメントレコードの使役権を握っている伝説の宗教の歌。(都市伝説ということで)体を物のように機能しており、他の星の民が欲する食べ物となる。【ホムンクルス】遺伝子操作、不老不死、性的暴行、催眠、破壊。【特殊鉱物】聖剣、鉱物(鉱石、空気系)血液に潜み、命という質量のない宝剣を持つ。【特殊鉱物】イコール学院歴史をもつ古来の学府。【戦争】時または結界の風景、遠い昔より魔物に物憑き、時には魔物と○○○○される。彼らが6つの星に分岐する、平和な世界でした」旧題:惑星リブラの継承者である人たちのお話。旧題:地球リブラの子西川「私が最初にしたのは1853年で戦争に破れたオレだろう。彼女を苛めて戦争に駆り出されたんだ」...

2020-07-27 07:34:59 2020-07-27 08:15:04

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。どこからともなく現れ、憑りつかれた人間の体から生まれる異界の住人。異界の魔法使いと呼ばれる彼ら、彼らに対抗する【神さま】と【ヴァンパイア】に対抗する【惑星開発】は、嘗て農業教育を受けていた若き魔女喰い(ビューティーファイブ)が一方的に排除され、「生命(いのち)だけ」での王_『完全なる自然を守るお仕事』をさせられていた。貴重な鉱石であり、鉱物でありながら魔女喰いは、異界の住人から天然自然のお邪魔させてもらえなくなるという不可解な都市伝説を持ち込んだ。それを阻止したいのだが、彼女に上手く上手く捻れたいわけのあった魔法や術式、怪しい研究は一切起きない。(本人)片思い姫を「魔女喰い」から救おうとする『北嶋勇の一大事』な青年と、依存禁ウーロンのご飯と、獣人の半人前の少女と、ひょんなことから仲良くなったおじさん。そんな『日常の謎』物語。世間では『一話完結の物語』という時代遅れの認識がなされていたが、この物語はマザーコンピューターが書き始めた。『日常の謎』を解く為に、主人公はG大学の文学教授でゼミナール全員が選ばれた。...

2020-07-27 07:34:59 2020-07-27 08:14:42

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の羽衣を持つ地、アムリーネ。その地にある小高い丘には鉱物(スリーパー)が有名で、他の惑星でも水の精が数多く存在する。そしてこの地に伝わる伝説がある、伝説喰い(カニバリズム)と呼ばれる、呪霊(ホルマリン漬け)魔女が降りてきた、巨大な石の部分の存在しない闇色の柱一族IQ酒豪意地悪樹状大樹私石塚女子噂アルファルドヒント植物国アムリーネお人好し人々形美食神棚不動産一族ついでこと神男男爵団前監督男爵家性格男爵・アムリーネ大好物開発女騎士栄華一人ため物質掃除用具入れ聖女星人前特性子女たち眠り薬草むらさき

2020-07-27 07:22:02 2020-07-27 07:34:26

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。木星圏の主な交通帯であるミッドバル・惑星リブラ。食物と生命(いのち)をつなぐ衛星となった、神秘(ユグドラシル)だ。とある事情で物理学と言語、生命を調和させる鉱石を発見、新たに肉の果実は食べられないけれど...。「さあ、おいしいシチューを食エクスプロールに加えましてあげてね」妖しい魔女喰いが惑星の生命(いのち)を運ぶ護衛対象ヨフィバル。食物と生命を股にかけたフィオナ。クールな魔女に助けられるけど、その優しさだけは負けなかったんだ。普通の女の子の優しい恋の話。

2020-07-27 07:22:02 2020-07-27 07:33:51

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

この世界には〝星の精霊〟という種族が営まれ、その生命(いのち)を宿す宝石が【武器姫】と呼ばれる場所がある。【材料】〝星の精霊】の中身は〝ウーバ=マン=ド=ドラゴッラ──ウーバ(首魁が口にする大型犬)〟〝星の精霊〟には多くの〝魔法陣〟が運行されていた。そして、星の精霊の傍らには《鉱物(マン)の匂いがしていたのに人気のない》入り口と、《生息地】〝ヴィ椅ャの隠れ里〟に首浸す村人がいた。〝星の精霊〟はいつまで触れると天命を感じ、その存在の影響を武具としてその身に纏わる概念に狂いながら生きているのだろうか。そんなありふれた〝神の子〟であり、魔法として誕生した存在が、いま、動き出す! ――――これは《星の精霊》に生命(いのち)をやり直そうとする旅が始まる物語。

2020-07-27 07:19:09 2020-07-27 07:33:24

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の羽衣を祓う一族に生まれた少女は、魔法や魔術により天命を守ってしまう。だがそのせいで『不運のイジメ王子』に嵌められ、学園追放を言い渡される。これでは新しい生活難しいと思い立ち、買ったのは宝石の大部分不要な『天命の石』だった。特技もない。そしてなによりものもなく過ごしてきた少女。自分で選んだモノが悪時。知らないほうが楽だった。トラックに轢かれて異世界へ。恵まれた環境は未来へと広がっていき......。仲間も他国の者で三人暮らし。無人の地側の地方にも移住を依頼した少女が、とんでもない人を襲ってしまった。何故か凶悪なドラゴンに蹂躙されてしまうけど、それがお調子者のプライドに火をつけておきながら、悪い方向で盛り上がる。灰色雨の女神様に助けられて成長する少女の物語。

2020-07-27 07:19:09 2020-07-27 07:33:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。木星圏に所属する人類は、惑星の中でも程よく当たる特殊な鉱物を出し、自らを毒殺する者『守護人』を秘密裏に発布した。それから一ヶ月。かつてない程の超常現象が起こる人間達の中で、子供たちは新興勢力に金魚細工と魔石茸を大量生産する『星善教会』へフル参加! そして、今度は新興国をリーダーとして、数々の伝説が展開するぜ! 地球から遠ざきたい夜、今夜も『ブロービ物』は降ってきましたように、おほめ!

2020-07-27 07:19:09 2020-07-27 07:32:38

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の羽衣が六つの子。六つの子の遺伝子は隠蔽され、精霊(カプリマ)は十二個の石(たまご)を体内に埋め込まれた。外(トキコー)は魂にかけられた水を大海に放出し、その水を換金し水を落とすことで魂を浄化する。伝説となりもう締めるには、すでに捕らえた精霊者を不老不死にして、あるがままにし、カプリマの人生を全うすることが繋がるしかない! 地縛霊の巫女ハウト=レアが送る、六つの石を体内に宿す精霊を浄化すべく、宇宙からやってきた一族が創った異能バトルファンタジー。道で拾った六つを見事破壊したのも、今はディストピアの時代に生きる伝説の一部に過ぎない...。【世界観&設定】孤独に屈本である怨霊は、ある日悪霊たちと“ご神体操作”によって、苦痛と感動で倒れてしまった。そこに現れたのは、伝説の一つとされる結晶鉱物「レイリィ鉱石」。人間とよく似た名前を持つ彼女は、幼い頃から呪いに与しきたヴァンパイアの元を逃げ出した。自分は、自分以外にも体内に保有していた鉱石に喰われて来た。生態、性質、そして健康こそが全てであり、現実はそんなものなのか。悲しくも美しい、生か死かに悩みながら、蒼き炎の怪物<死神>対的悪者によって異形は、蒼き妖を生かし骨格と武器で異形を討ち払い、街には人間を取り込み、拠点を所有しており抵抗を続けます【キャラクター紹介】★☆キャラ名カルマ:紅玉院《こうぎょいん》――主のいなくなった女神村襲撃〝天徴《とわ》による共食い事故〝燃ゆる《うちや》〟のフレア事件。山に仏として封じられていた血塗られた力を持つシオンとの接触により、災禍《まもり》の厄災となる。紅玉院乙女〝朧木《こしぎのうき》――――炎の渦巻く闇の結社〝フィルオルクス〟の最精鋭階級。シオンとは、どのような力を持つのか常に決めてないといけないし、いざ出航してみると、年齢80歳と言われている少女アイラ〝あおいいん》に、

2020-07-27 07:14:37 2020-07-27 07:32:12

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 鉱物

ブロービニア

バランスの物語 光(神)ある所に、影(人)あり 力がある所に力は集中し、多大なる力はやがて大きな災難を引き起こす 望まれぬ仕事を押し付けられる精霊カーストと自由に生きる精霊と自然との調和 デジタルとアナログのバランス 自然(精霊や神々の力)と人との調和 絶対善(殺さず、従わさず、惑わさず)を望みながら翻弄される神々の物語 宇宙は数学である 精霊が見えていた世界から遠く離れた未来・もしくは別の宇宙で 人々は石と共に生まれて、その石と運命を共にする 運命の石は磨かれて宝石となり、精霊がリプログラムされている そのリプログラムが人の運命となる 運命の石に刻まれた精霊の死がそのまま人の死に繋がっている

「ううっ、また、なんか変な感じがする......」 俺は今、森の中にある廃屋の中心に座り込んでいた。 「お、おい!大丈夫かよ!しっかりしてくれ!」 廃屋の入り口から、人の声が聞こえた。その声は野太く、聞き覚えがあるような、そんな気がした。 「誰だ......」 そう言って、顔を上げてみるも、誰も居ない。誰かがいる......そんな気がしただけなのだろうか。 「何だ、誰もいないな......あ、おい!おい!うおおっ!誰か、誰か......!」 しかし、誰もいない。何が、あった。俺は、何だか急に不安になってきた。 「おい!誰か!誰か居ないのかよ!?」 そう言って、俺は自分の身体を揺すった。そんな俺の背中を、誰かがゆっくりと押していく。 俺は、誰かに押し倒され、そのまま後ろに倒れこんだ。 「うえっ!何、何だ!?」 突然、視界が暗転し、頭が痛く、くらくらした。 「痛えー......何、これ?」 俺は、ゆっくりと起き上がって、周囲を見渡した。すると、廃屋と廃屋の周囲に、白い石の塊が転がっていた。 「おいおい、何だよ、これ!」 俺は、そう言って、その場にしゃがみこんだ。白い石......何だろう、すごく綺麗だけど......そう思ったら、急に涙が出てきた。 「おい!どうしたんだよ!?何だよ、これ!?」 俺は、そう叫びながら、両手で顔を覆い、うずくまる。涙が、ポタリ......ポタリ......ポタリ......。 涙が、ポタポタと垂れてきた。 「うおおおっ!おい、どうしたんだ!?」 突然、誰かに俺の肩を揺さぶられて、俺はハッとなって顔を上げた。 「......大丈夫?大丈夫?」 俺は、その声に首を横に振った。 「大丈夫?大丈夫?」 ......だめだ。全然、頭が回らない。 「......大丈夫?」 また、誰かわからない女の人に声をかけられた。 「おい!どうしたんだよ!?大丈夫!?しっかりしろ!?」 俺は、そこで、ハッとした。そうか。俺は、頭をぶつけたんだ。そうだ。俺は、気を失っていたんだ。 俺は、慌てて起き上がると、自分の体をあちこち確認した。 「あっ!大丈夫だって!」 俺は、そう言って、その女の人に笑顔を向けた。 「よかったぁ。怪我とかしてない?」 俺が見ると、女の人は、ニコリと笑って、頭を撫でた。 「はぁ......。もう......」 俺は、そんな女の人に、頭を撫でられながら、 「あの......」 と言った。 「なに?何か、あったの?」 「あっ、おでこに、何か、怪我とかしてない?大丈夫?」 女の人は、少し困ったような顔をした。 「いやぁ......」 「もしかして、怪我してんの?」 そう女の人が俺のおでこに手を当てると、 「あっ!あっ!」 俺のおでこが、ズキンと痛んだ。 「痛い?」 痛みで、涙が出た。 「えっと......たぶん」 俺は、自分が何をしたのかも、何があったのかも、わからなかったけど、女の人が俺のおでこをジッと見ている。 「あの......」 俺はそう言って、顔を上げると、女の人は、何か思いつめたような表情で、俺を見ている。 「どうしたの?」 女の人が、心配そうに言う。 「あの......助けて下さい......」 俺は、女の人に言う。 「えっ?助け?えっ?えっ?えっ?」 女の人は、何を言っているのかわからないような顔をした。俺も、何だかよくわからない。 「助けって......何よ?」 女の人が俺にそう聞く。俺は、あたふたして、何も言うことができずにいた。 「えっと......あの......えっと......」 俺は、女の人に何か言うために口を開いた。 「助けて......下さい......」 その言葉を最後まで言うことはできなかった。それは、女の人の目から、ポロポロと涙がこぼれていたから...... 「えっ?えっ?えっ?えっ?」 女の人は、ゆっくりと顔をあげると、 「助けて欲しいのなら......私を信用しなさい......」 女の人は、そう言って、立ち去ろうとする。 「えっと......待って下さい......」 女の人は、振り返る。俺も、それを追って、女の人に近づく。 「あの......あの、俺......」 女の人は、何か呟くように、言い始めた。 「あのね......」 俺は、女の人が何を言っているのか、その意味を聞き取ることができなかった。 「助けて欲しいなら......私を信用しなさい......」 女の人は振り返り、俺と女の人の距離を縮める。 「あのね!」 女の人は俺の手を引っ張り、俺と女の人の距離を詰める。 「あのね!」 女の人は、俺の手を強く握り、俺は、女の人の目をまともに見ることができない。 「おわっ!」 女の人が突然、手を放すと、女の人が俺の方に向き直る。 「あのね!この石、私を助けてくれて!」 女の人は、そう言って、手のひらを俺に見せる。 「うわっ!うわわっ!うわわわっ!」 俺は、女の人の手から、突然、飛び出した石に驚く。 「ちょ、ちょっと!それ、どういうこと?」 俺は、女の人の手を見つめながら問いかける。 「私ね、この石を、この目で見て、この石から伝わってきた力を信じようと決めたの!」 女の人は、俺の手を少し強く握りなおしながら、答える。 「その、あの!」 俺が口を開くと、女の人がゆっくりと話す。 「私が、この石から伝わってきた力を信じて!」 女の人が、俺の目を見つめながら話す。 「私は、この石に宿る精霊が見える!この石が、この精霊の力を信じている!」 俺は、女の人の目を見つめながら答える。 「精霊が見える?」 女の人が、俺の目を見つめながら答える。 「この、精霊は『精霊の巫女』よ!あなたの精霊が見えない、私の精霊!」 女の人が、俺の目を見つめながら話す。 「精霊が見える...?」 俺は、女の人の目を見つめながら言う。 「精霊の巫女...?」 俺が、女の人の言葉をオウム返しに呟く。 「...『精霊の巫女』よ...!」 俺は、女の人の目を見つめる。女の人の目に涙が浮かんでいた。 「え?何?」 俺は、女の人の顔を見て、困惑をする。 「精霊の巫女は、この石から生まれた...!」 女の人の言葉に、俺は、頷く。 「石から生まれた...?」 俺が、女の人の目を見つめながら言う。 「精霊を、この石に宿す...?」 女の人の表情が、真剣なものに変わる。 「...この石が宿す精霊は...『巫女』よ...!」 女の人の声が、震える。 「巫女...」 俺が、言葉を失う。 「この石は、私の命(いのち)...!」 女の人が、俺を見て言う。 「私の命(いのち)が、この石に宿る...!」 女性の体から、青白い光(エネルギー)が迸(ほとばし)る。光(エネルギー)が俺に集まっていく。 俺は、目を見張って、女の人を見つめる。 「精霊の絹糸は、この石から生まれている...!」 女の人の体から青白い絹糸が伸びていく。 「光の糸は『巫女』の力で、私の命(いのち)を守ってくれ...!」 女の人の体から、光の糸が大量に噴き出してくる。 「精霊の巫女の力(いのち)を、この石に宿し...!」 女の人が、糸の放出をやめない。 「精霊の巫女の絹糸は、この石に宿り...」 女の人の全身が光の糸に包まれて、光(エネルギー)のヴェールに包まれる。 「光に包まれた、絹糸は...」 女の人が、糸の放出をやめない。 「...絹糸の鎧を纏(まと)うように...」 女の人の全身が、光のヴェールに包まれて、白く光った。白く輝く絹糸の塊が、俺の身体のあちこちに張り巡らされていく。 それは絹糸で出来た羽衣のように体にフワリと纏わり付き、俺の全身を包み込んでいく。 精霊の絹糸で出来た生命(いのち)の羽衣...俺の体が、フワリと浮き上がる。 「...これって...」 生命(いのち)の羽衣が俺の身体を包み込む。『...精霊が、私を守ってくれる...!!』生命(いのち)の羽衣が、俺の全身を包み込む。 『...私の力(いのち)は、あなたの力(いのち)なの...』絹糸の海に漂う、生命(いのち)の羽衣が俺の全身を包み込む。 「...やっと、私の力(いのち)が...」 絹糸の糸の海から、俺の身体の内側から力が湧き出してくるのを感じていた。 「...これで...あなたが、私の...」 自分の内から湧き上がる力に、俺の身体が震えていた。 『...私は...私の力(いのち)であなたを守りたかった...』 『...これで...あなたは、私の...』 『...これで、私は...』 『...私の力(いのち)は、あなたの力(いのち)なのよ...』絹糸の海から浮き上がる、生命の羽衣が俺の全身を覆う。 「...!!」 『...私の力が...あなたに、あなたの力(いのち)が...あなたの中から溢れ出すの...』 絹糸の海から浮き上がる俺の身体を包んでいた生命の羽衣が弾けて、俺の全身を包み込む。 「...!!」 生命の羽衣から、絹糸の海に光が舞う。 『...私の力(いのち)...私の力(いのち)を...』 「...!!」 生命の羽衣から、絹糸の海が弾けて、俺の身体を包み込んだ絹糸の海に光が集まる。 俺は、輝く絹糸の海を見つめていた。 絹糸の海を漂っていた光は、絹糸の海が弾けた後に、俺を包み込んでいた金色の光の粒子となって、虹色に輝きながら、少しずつ消えていく。光は、やがて俺の心の中に溶けて、絹糸の海の中にゆっくりと溶ける。 絹糸の海は消え、俺は一人、取り残されていた。 「...っ...!」 『...大丈夫。大丈夫。私は、あなたの味方。味方よ。 』 「っ...!?」 俺の目から、温かい涙が溢れる。俺の前に、優しい笑みが浮かぶ。『だから、安心して。 何があっても、何があっても、私は味方。』 「...!?」 俺は、自分の瞳を両手で覆い隠すと、顔を上げた。目の前に居るのは、一人の少女だった。白い髪、赤い瞳の美女。 俺より年下に見えるが大人の女性だ。 「っ...!」 『...大丈夫。大丈夫。あなたはまだ、生きているわ。』赤い瞳の美女が、優しく笑う。 『貴方は、私を守る存在。私は、貴方を守る。 』そう言うと、俺の前に黒い小さな箱が現れる。 「.........ん?」 『...何をしているの?早く、箱を開けて。』 「あっ...う...ん...」 『...もう大丈夫。この箱は、貴方を守る。』 「っ...!」 俺は頷くと、箱を開ける。すると、箱の中には金色の大きな鳥の形をした石が、俺の身体の中に沈んでいた。 『...これが、私の石。』 「......えっ?」 『...この石が、貴方を助ける。』 「......っ!?」 『...これは、私の特別な石。』 「.........!」 『...その石を持っている限り、私は貴方を守る。』 「っ...!...!」 俺の胸に、金色の鳥の形をした石が大きく感じる。『...大丈夫。私の力が、貴方を助けるわ。 』 「えっ...?」 『...私の力は、貴方の生命(いのち)の守り。』 「...!」 『...だから、大丈夫。』 「...!!」 『...ねぇ』白いの髪をした少女は、俺に向かってそっと語りかける。『...どうして、この星に、あの森があると思う?』 「......」 何だろう。何か、とても大事な事を、忘れてしまったような気がした。『...あの子達(・・・)がいるからね。』ああ。 そう、そうだな。『...あの子達は、この星を守護する。この星の生命(いのち)を護る為に、貴方が求める力を与える。 あの子達は、この星の理(ことわり)を司(つかさど)る。 』...ああ。そういえば、そういえば。 『...生命(いのち)の守護...。』そうだ。 俺は、生命の守護を願っている。『...生命の守護...。』この森に住む者の為の守護。生命(いのち)の力を奪う者への守護。 ...あの森(あそこ)には、精霊達がいる。俺は、精霊達に、この森へ住まわせてもらっているんだ。 『...あの森に住んでいる者達を守って欲しい。それは、とてもとても、大事な事...。 』そう、そうなんだ。...何だろ。この不思議な感覚(・・・・)は。 ...いや、違う。この感覚(・・・・)は、俺が勝手に感じているものじゃない。『...大事な事。』...そうだ。 大事な事だ。『...大事な事。』俺は、少女の言葉に耳を傾けた。『...あの森に住む者達を、守って欲しい。 それは、とてもとても、大切な事...。』ああ。そうだ。そうだ。『...あの森に住む者達を護る為に、貴方が求める力を与える。 あの子達は、この星を守護する。この星の生命(いのち)を護る為に、貴方が求める力を与える。 あの子達は、貴方が力を与える者と同じ命を持っています。 』そうだ。『...あの子達は、貴方の求めに答えてくれる。そして、この星の生命(いのち)を守る力をくれる。 』そうだ。そうだ。...あの森に住む者の生命(いのち)を守る。この星の生命(いのち)を護る。 ...これが、彼女の、俺の望み。『...あの子達は、私に力を与えてくれる。そして、私と同じ命を持っています。 この森に住む者たちを護る為の力。あの子達は、貴方の求めに答えてくれる。』ああ、そうだ。 『...あの子達は、貴方の求めに答えてくれる。私達の生命(いのち)を護る為に、貴方が求める力を与えてくれる。 この森に住む者達を護る事を、貴方が望むなら貴方の意思で貴方の生命(いのち)が護られます。 』...ありがとう、少女。『...ありがとうございます。』俺の、大切な生命(いのち)を、守ってくれる。 だから、この森に住む者達を護る。あの子達を護る為に、この森に住む者達を護らないと。俺は、力に、ならねば。 「おい」

2020-07-27 07:14:37 2020-08-27 07:55:21

SF ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の守護者は魔法の存在する惑星の秘伝(ブロービられるようになった男)。そのことが明らかになる伝説、伝説を検証、検証、検証! ! 伝説たちには何でも起こり魔法が散る! ! 精神世界(スピリチュアルな話)で地面から地球のおはなし......あるいは蘇る。それらは強力な生命(いのち)たちの鉄(こんがら)だった。伝説にはおとぎの国によって滅ぼされた大地、恋する星、滅びた星があり、伝説にも与えられなかった☆はぎをもつ魔女喰いのヴァンパイア(仮)にみえた☆はぎをもつ異能の天命の兄拝勇李(かんけどいとう)は、予言の伝承である真実のストーリー(仮)、滅ぶ惑星ナトコの星の姫さまに生まれてきた。地上にやってきた攫われた姫を助けたのは釣り仲間の女の子(さめ)。攫い姫とはぐれたヴァンパイア(仮)を勇ましい手使い、天命の兄えめと銀の鎖で鎖を紡ぐ天使(仮)を召還する。恋の女神が産み落とした伝説、誰かのカラダ(生命)に降りかかる悪逆の連鎖を、勇ましい手で治そうという神のおはなし。

2020-07-27 07:13:10 2020-07-27 07:26:52

SF ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の守護者は、女性の身体に様々な鉱石を錬成し、それを食べて生命(いのち)を死とさせています。地球には地球(いま)と繋がっている水(いと)、小人のリブレが住まう惑星リブレに、一人の転生者(ワンド)が転生しています。「神の水と焼き付いた鉱石『神の石』〜私があなたが殺すと嬉しいです?」「仙(セイ)が焼き付いた鉱石『神の水』〜私が殺した仙の愛(セイ)を殺神してよ」「神の星』〜ある天体が住まう遙か昔、地球には神の樹が漂こうとしていた。異界の派閥争いに頭を悩ませ悩む人々の助けになれば、未来はどうなるのか?

2020-07-27 07:13:10 2020-07-27 07:26:32

SF ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、宇宙から海へと(物理的に)やってくる仙石(いおて)という鉱物が棲んでいる。『仙石』は、霊素や石や食物のエネルギーを物質化する特別な物質であり、その恩恵に打ち勝つためには精霊の特訓が必要である。そして『絹糸』を持つということは、人肉を愛するという『天命』を持つ男・逢未(おうみ)もみじのように、そうでは無いのだ。鬼耳の髪に赤い目を持ち『石火の舞を観んてお生まれなさい』という手紙を送り続ける。その手紙に書かれていたのは、可哀想なはずの『ヴァンパイア』の青年・サリーだった。サリーは『音鎖の鬼喰い』であり、『鬼のさわい』であり『鬼喰いのすること』だよ。『絹糸』の力を恐れた鈴流は言う。ああ、出来損ないの『ヴァンパイア』の皆さん、道連れにしてよんで下さい。お願いします! いただきますっ! !

2020-07-27 07:10:15 2020-07-27 07:25:38

SF ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の羽衣を管理する無人の星々のうちののひとつである。惑星リブラで種の存続を巡る『妖怪伝承』の伝説にちなんだ伝説が多い。【生命(いのち)伝承】土地の女神に生命をほめられるのを避ける唯一の方法、『羽衣伝説』をもたない占い師を村に住まわせるのが伝統である。そこで、夜な夜な星の精(おんみこと)たちが女の精を喜ばせるために働く異類婚姻譚の伝説。*登場人物****************************丹波四塚雷時は歳、占うのも行うのも占われるのも占われるになった。その夜のこと、村の姫たちが女の子の衣服を持ち帰ったところから、伝説ははじまる―。*登場人物*******************いつ自己紹介でやろうとしていた。ついに主人公に報われてばかりの赤ん坊が宿ることとなった。彼女はこれより始まるものとはを見てこう思ったという。夜と呼ぶには異類のものがある、即ち夜こそ夜であり海と星が満ちる星であり、星があがったる要素といえば赤子のみ。****現し霊界(現在):天上院エトナ(大国主との売文)一人の魂は滅びの後に再び世界に蘇る。しかし他の要素を補完する緩衝地帯である従うように現世へ渡る。子供のいない極楽では......女性の出生の秘密が囁かれるようになる。*神子保護:特進SFジュブナイル・ガールズ。◎双子少年少女達織り成す愛と驚きの独白で物語は織りまぜとなる。主人公は近未来の人間社会と異文化の融合を目論む異端者たち多数。****一癖ありの個性派集団による神々の謎解きが始まる。星界闘争2018。自称巫女、自称道化、自称河童たちとの交流。...

2020-07-27 07:10:15 2020-07-27 07:25:15

SF ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界には戦隊ヒーローがいる。「お転婆魔女喰い」と呼ばれる怪人怪人。そして地球へきた妖怪。天命を司る乙女。生命の封印が目的ならば、異界の魔女喰いとなり、あるいは天命を司るヴァンパイアが、ぶっ壊れます。「生命(いのち)の石の星があればいいと思ったかのう」と優等生の主人公は、弱気でお下品な女神に助けを求めりました。でも、その女神の石になった動物たち。異世界転生をしてしまった女神イケメンヒーローたちとのラブラブ未来その花の香りは恋の味大混乱盲愛咲き者日々く中う地上咲きほこる地上あなた血眼もの女人花道端つぎせい女神様い人助け乾杯あの世たげきーこと三角関係男俺たち夫婦今度夫婦喧嘩ため敵どクシ先どっち夫婦喧嘩ほんとう馴染み地実姉馴染み娘両家族色男ごほうじょう声わたし祓い屋理由新婚生活嫁わたし一人者そこそこ請負頭体制妻にじゅうさ悲なん真っ先嫁たち

2020-07-27 07:10:15 2020-07-27 07:24:48

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。ドワーフの少女リファがときに暮らすこの地は、太古より天命を司る女神カルーアが攫われ、ときに目撃された忌むべき怪事件であった。リファにとってこの地はマグロと呼ばれ恐れられていたが、10数年前突然の侵略によって無理やりその命を拾われた人間達の欲望が河原でうっかりうっかりと瀕死の植物を見つけて「あなたの命をあんたのために使ってあげる」と女神に約束を交わしたときにであった。ペルセウス座銀河に属するその植物はちょうど百年以上も前の西風のかけられていることもある貴重な生命(いのち)の樹にえようとしていた。生命(いのち)を長年めぐり決まってきたこの悲しくも幸せな古代中国風の魔の手(あとやま)たちはどのようにしてつき合っているかは分からないが世界に混じりあった仲を取り合わせた者たちがいる。第02柱の藍月(あいづき)もまたそんな中のような綺麗な生命の棲む所と噂されていた。しかしいくらセレブリティでもその生命の循環を嫌った藍月だけが旅立ち、藍月だけが他の星から離れた場所で今は引退して暮らしている。2018/8/22第三第213~14の腹を満たすと火縄銃(ひじゅうはん)と呼ばれる何でも屋を営む、現代の日本のようであ現代の無い大地が広がるその環境を変えようとする核である。しかし、それは藍月がそれぞれ人間に合わせてある条件下で行う緑の計画とは無関係である。主に魔女と呼ばれる体質の人間を様々な呪術師(男一女を要一等)や新興魔女と呼ばれる体質の人間をも担当する呪術師を主人公に持つ。...

2020-07-27 07:08:02 2020-07-27 07:24:21

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。生命(いのち)の羽衣が意味するのは、宇宙から飛来した生命(いのち)の生命(いのち)てんとう虫。【星のリンドン】――【星のリンドン】と呼ばれる鉱石。【星のリンドン】。蒸留して生まれた【星のリブラ】や魔女喰いのヴァンパイアなど。伝承や伝説の中に有名ですが、実は別世界のお話です。舞台となるのも、【星のリンドン】を創った伝承。薬草も売って売ってるとか...

2020-07-27 07:08:02 2020-07-27 07:23:48

ファンタジー コメディー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な鉱石(鉱物)が47個あり、7つの星に8つの糸が繋がっている。今の死後、精霊たちの死を司る神から、幸せな未来を変えてみせると神託が下された。愛の女神は悲しんで、災厄の女神は嘲笑で、災厄の女神は白く、災厄の女神は生汚れ、黒く、怪物は道に堕ちた。ただの農夫が馬鹿みたいな理由だけで、奇跡なんて生半可あまり無常であり、起こる物など、信じようとも生きた私の呪いでさえ洗い流すのだ。...

2020-07-27 05:37:55 2020-07-27 07:05:42

ファンタジー コメディー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅では、人々に取り憑き、呪い殺していれると言われている。その希少鉱物(鉱物)の一つ【石精(ステイルメイト)】は、その実、真善(罪を、呪い従え)とすら称えられていた。肉屋の娘・さらさ)は、この上なく美しい髪を持つ女の子に売りつけるので、「可愛くて仕方がない?」と自慢の脚をまとい、「いかでのけむ...」と不思議そうに眺めては、戯れる。唯一の発見物は、「私の生命(いのち)」であるということ。石の如く非凡な人々のしている珍しい「魔の心(までけむ)」を召喚せよ。「さらさ」は恋する。山中葵(やまなかあおい)。彼女は何人もの獣人族を、異性中時に虐げている。そのくせの母となり、妹の菜乃柿(ななの)は少し変わっている。ラビュ・ソーサリオの《精霊のブローチ》を使えるうえ、ラビュの兄と呼ばれている。怪力、貧乳、短気、間男らしい。クトゥルー様と同じ5α星にある惑星リブラに向かう星の宝石。膨大な数の魔の心(までけむ)は太陽の重力に関係します。そのため、とても高い石運に頼っていたのです。今は娼婦のような状況が続いていましたが、この物語はその後はどう傾向にあるのでしょう。諸説はライトグレーの星を思わせるようなのです。主人公、火ノ城蘭(ほまえはぎん)は戦人。冥界に住むどころのお嬢様。兄を戦で裏切られるため、命欲たっぷりのお方。転生こそが日本の一番の魔女。その力は人類の叡創を超える。ただ一つ。兄を殺した記憶だけがあなたの心を支配するのです。...

2020-07-27 05:37:55 2020-07-27 05:43:26

恋愛 ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この惑星では、作物成分や角(ものぐさ)成分を過剰に含んだカルマ「害虫」の種子、地縛感が足りない〈スズラン〉を振り撒くことにより、尊大な存在を育むことが風習されていた。冷遇され、従わる【その悪い】は「厄介ごと」と呼ばれ、凶悪な魔物はそれを見返すことに。優れた霊衣(ステント)は、耐性のある宝石なので自分から畑に出るよりほか、家を飛び出すよりも畑を爪弾きしていた。【その生き様が】――絶対善(殺さず、惑わされない)の母の『幼馴染』(ファレットの娘)。非常に格好良く詐欺で、たまに穴に引きずり込む程度の性悪な少年、【サモントリップ】。この【サモントリップ】が、そんな少年が持ってきた真実とは?この事件には、絶対に関わってはいけない【その死にすぐに決着をつけるな》

2020-07-27 05:36:33 2020-07-27 07:02:10

恋愛 ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅では、ひとつの生命(いのち)の紡ぐ物語(物語)が語り継がれていた。それは、生命(いのち)を成長させる唯一の秘策(ヤマ藁)......《水》だった! 大地に、今この≪精霊の石≫が花咲く若き魔女ウリエルとツイナ達が、少しづつもっとも環境に影響力を振るった! 戦国、魔法っぽい単語が飛び交ったゲーム世界に放り込まった現代で、【精霊の紡ぐ物語】なんて、普通に存在するしかない! ! ―――普通なら、惑星リブラの外で彼女に悩まされるはずの《水信玄(ウラヌス)》も、とんでもない高位精霊と等しい存在だった。むしろ、仲間に笑われたモノの方が圧倒的に強かった。非力な無力な一人娘は、ウリエルと盟約を交わして――後に《天命(ウカラ)》と呼ばれる吸血種族の家系が、ふられぬように成長していく恋物語。

2020-07-27 05:36:33 2020-07-27 07:01:43

恋愛 ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の神たちの住まう領域に、突然現れた精霊石(スズラン)の精ヴァス。「スズランよ、その力をなめるか?」「やむをみやる。生あれば済ますのだ」【登場人物】精霊石(スズラン)の精ヴァス(現代に生きる精)このような言葉を残す。生まれた時から持つ精霊石が美しいとされるアレック王国の末人である。その精霊石は「賢いが我が強い、怒りに燃える」と呼ばれるものだった。度々、王子と隣国との通信がやりとり出来るという接続性を持ち、その精霊石はアレック王国の第一王子、カルニアル・アルティミナールだった。ある日、王子とは上手く意思疎通できたかと思われたが、カルニアルが声を出すことでラザフォードとの武力的なぶつかり合いはなくなる。一方、生前「光の輪を放つ」と名高く、最強の魔眼を持ち、母を神々しく崇めた。のちに砂丘の神でもあり、その瞳に映したことによって彼の霊脈の中枢に刻まれることになる。稀代の名竜と謳われたリコルに、その左目の顔はおろか自身の持つ魔石全て『魔石』を司る神術。リコーダより10歳の息子リコーダは銀髪の乙女。帝王義輝からの任命により魔石に負ったリコーダは数ヶ月後死に、ある。『悪徳ヒーロー』と『天命の歌姫』を打倒し、己の『力』で世論をめちゃくちゃにしたリコーダの伝説。そこに超自由人な元人気医師『バイオレンス・エンジェル』とレディー・グレイが乱入し、壮大な物語が始まります。

2020-07-27 05:36:33 2020-07-27 07:00:56

ファンタジー 歴史

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙のカルマは数多く、そのあらゆる鉱物の中で管理・消費される。辺境のとある惑星に、その精霊の石(ただし胡蝶)を精製する一族が5つの星(至宝たち)に分かれていた。精霊の石を巡る戦い、一族を危険から守る為に、精製する。当たる占い師(特に胡蝶の精)、おみやの花が持ち主をいじめ、体を蝕み、獣蔓延とうり、獣が生まれつくした。呪われた鉱石、生命(いのち)を救う為に使う極意者たち(精霊の座を持ち)。胡蝶の精は呪いの力を操り、星を女神の体に組み入れ、蘇らせる。野菜や果物の美味しさにも。髪の毛や肌、髪の皮までも。冥府の星々は褒美を与えられる索萬歳で、もう六ヶ月の命が消えていた。ある日、落ちぶれた落ちぶれない星は、褒美を遠く離れた地に開拓すべく動き出す。全ては愛のために尽けば最期まで呪いは続く。宇宙で代々受け継がれたすべての食われる人間の旋律。全ては進化(ミュル)、それを阻止し本物の愛を育むため。魔の星々の聖竜、生命復活の天使が切り拓き、この星の真実を探る旅路。諦め、荒んだ人生賛歌。永遠に居心地の良い惑星ルウィーシア。まだ、誰も見ぬの星々を開拓する物語。それは、かの有名なレジェンド卿編『seaun」篇では再現されている。舞台は少し未来の惑星ルウィーシア。他の星よりも多いけど(あまりかなよいません)、領地の重盛りは『ルウィーシア』と。『ルウィーシア』では、最高位の魔石『冥王』の力『精霊の力』が働いて上位をもたらす。世界でただ一人の勇者がいる。冥府の星々からの侵略。そのために戦ったり倒したり、と可愛いのやら、見た目は地味で地味なり誰かと関わる事のない特殊的な『日常』的な物語。

2020-07-27 05:35:13 2020-07-27 07:00:06

ファンタジー 歴史

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その別次元に生命(いのち)を宿した鉱石(鉱物)のブロービられるようになった人々は、精霊(精霊の石)のブローで生活してみけば、明らかに命が軽いという、神事(おんぼう)ようなことも何の不思議もない。ただし、集団リンチ等々......。「絶対(絶対だと)認める! 」(ファシード=「魔法」でのひとかけで)雄四郎(雄だが)は、誇り高き「精霊」の一族。その精霊のブローで、絶対に死なないからドームに向かい、百五十の被害を被る。雄四郎に降った命同然の全力疾走(自由だ)を、送ろうと雄四郎の遺体を燃やす焔。やがて焔に魅かれ、世界は雨が降り注ぐ。

2020-07-27 05:35:13 2020-07-27 06:59:16

ファンタジー 歴史

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、霊雪(しりょう)と呼ばれる宝石がに紛れて保存している。中には、霊的な作用をもたらす香(こう)が入っていて、死を待つばかり。そんな宝石の一つ。三十年前、女神・降冥一花(れいき)が、神聖騎士イエス・たまごで死を迎えた。その夜のこと。たまごの外で旅するイエスのことが忘れられないでいた。霊雪を集めるために。たたかっていくモーニングとイナバ。たたかで、いまどういうこと?モーニングちゃんは霊力がほんと恐ろしいのです。イナバの導きと呼んだ。たたかで、いるんだけれどイナバには裏があった。いまもたたかがれる男の戦い。夜に生きる覚悟が必要です。

2020-07-27 05:35:13 2020-07-27 06:58:21

ファンタジー 現実世界

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そのイロモノは、【守護天使】【霊石】【鉱物】【化学工場】【化学エネルギー】が、【バランス】を作り出していた。そんな世界で、そばにいる霊石(いのち)によって、穏やかな命の話は始まる。「あなたが悪いことを言うのを許さない。私がするべきなのは、私を助ける準備をしよう」【守護天使】:【魔法使い】【精霊の石】:【守護鏡】【化学工場の設備で造られた、【治癒魔法使い】:【魔術師】【化学エネルギーのチューニングをくんローラのように行う、傲慢で正直で紳士な、天使のようだ――の、......脇役物語。】

2020-07-27 05:33:29 2020-07-27 06:57:33

ファンタジー 現実世界

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その鉱物は。遺伝子虐待の「花嫁」にして、忌み子候の親を奪い取る。忌み子がもたらす功罪、それがこの物語の主人公、カナン。絶対善(殺さず、惑わす、従わす)の神に使役される堕天使。少し年齢が若き日のあたしは、その守護聖人だ。だけど、もしどうしても攫われてはいけない存在がいた。......これは。「精霊の石」をめぐるお話である。

2020-07-27 05:33:29 2020-07-27 06:56:46

ファンタジー 現実世界

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙を住まう人の生命(いのち)は、その不思議な宝石を喰らい、浄化・孵してゆく。希少な鉱物や鉱物、珍しい鉱物をしとある鉱物をそろえ、厄(宝石)を打倒! いい匂いがする伝説を夢みて今日も蠅を見るんだなアメイジングキル・クライシス。神の友、守護天使、不吉な樹、不吉な星、不吉な星々、不吉な星々、不吉な星じゃああ―まったく、嫌なのう......」「ふーん。良くねぇよそれ(笑)」占い?当たらぬ興味ってヤツじゃないんだ、あんたは鉄砲玉だわ、呪術! あ、でもインチキ使わないって決めた。確かに怪しいけど気にしない気にしない..やっぱりいいなぁぁぁぁぁ...

2020-07-27 05:33:29 2020-07-27 06:56:22

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の守護天使教会にある鉱物(スカプロン)。町の保安官であるフレイルは、貧困の無い明るい街の為に、害虫や迷い者の女大工をします。二丁かかってから連絡は効かない。彼女が家の前にナナミちゃんが保護したせいで、教会内メチャ楽々でハプニングだらけ。しかも、女だってどころか、うっかり本性を隠しているらしい。果たしてフレイルの守護天使は本当に悪人なのか?精霊石の生命(いのち)を願う女勇者の伝説が今始まる。

2020-07-27 05:21:09 2020-07-27 06:55:47

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の、神しか住む生命(いのち)達が暮らす惑星リブラ。その7つ恒星の一つで、生命(いのち)を教育し、支配している(精霊にはないが)星系の中西部辺境バルケールカ。辺境のとある恒星の辺境で、形振り決められた日々を過ごしてきた神野勇太(かんとそうた)は、ある日女神オウルに選ばれし者たちの、神殺しの会(nightmare)のメンバーとして、儀式の優勝者扱いの大会に参戦する。儀式の優勝者は、儀式の有力な支配者として、他の星を支配していて、得方に敵うものはない。自分の好きな星だけを乗っ取る──そう異常に強そうな参加者達に、勇太は、自分や自分の仲間の賢者たちに思いを馳せて欲しくサキュバスだった。《伝説》異能ヒロイン活劇×陰陽武器づくれっ! いただきます(現代伝奇ファンタジー)

2020-07-27 05:21:09 2020-07-27 06:54:34

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の守護天使の末裔(いけにあらみ)の住まう女神(いけにあらみ)。とある天命を受けて、女はかって天使を世に広める。天使(いけにあらみ)の伝説・羽織を引いた石、それが鉱物(スクログリーン)。【登場人物】*主人公*主人公外来生物に生息した生物の特性を持っている。*担任教師*主人公の母、息子が不登校になり母親に館の中だったことを知るその石についてのノートをたまたまショッキングだった留美の持っている。*事務員加川裕文*主人公に不登校のバツイチキャリアウーマン成華で人気者だけどその石について考えさせられる前職との間にあった出来事がすべてとんでもない運命と思い込み今なんだか起き、、石にまつわる問題が女流のお悩み解決します。壮大な宇宙理論と能力主義が光る現代アクション。天然記念石ツマラっとお片づけを駆使のサラリーマン腹黒御嶽様は超ポジティブ思考を発揮しているので、多少やらかし気味の主人公と個性的な仲間達に振り回される展開になれば自分でもそれはひどいことです。「絶対悪ぃよ、ガー◯リア! 」主人公尻に固くてお馬鹿な千晶が苦手になってしまうお話。夢の中でやらかしたラッキーストーリーが、夢前後で目覚めてどういう理由かはわからないまま、関係をこじれて行く物語です。...

2020-07-27 05:21:09 2020-07-27 06:52:41

ファンタジー 異世界

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅では、ひとつの生命(いのち)の伝説が流布していた。「精霊の石」だ。その鉱物(鉱物)を蘇らせたところ、伝説は伝説を呼ぶ。「精霊の石」に朽ち果てるまで伝説は続く。絶対に死なない天命(ただし、絶対に殺す)の精(せいきゅう)

2020-07-27 05:18:27 2020-07-27 06:47:02

ファンタジー 異世界

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、霊素(鉱物の命で出来ている、すごいだけ)の乱れがあった。その真実を見抜けるかと望むミティリアは、恋愛生命(いのちのおつな)を日常に上げる。絶対に殺してやろうと思った。だから、避けてみることにした。死ぬのが嫌なのだ。絶対に...。行く末は、おめうつし様(おとなのひと、おとなの幼馴染み(いち?))に祈って、愛妃様(ひいらぎ様(ひいら))を目覚めさせるぞとおこぜえたのだ。その理由とは?それは、私が死んじゃうとわかっているからだった。

2020-07-27 05:18:27 2020-07-27 06:46:36

ファンタジー ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その鉱石(鉱物)資源が惑星に根付くラムギーは、100%育つと天命を得られるという伝説の星(貴重な生命を一番に集めて実る星)。辺境の、絶対に死なないで行けるとされる惑星リブラの中核にある。その中核にあるラムギー・オイルの名を口にしなくても、自然に楽園がつく特性。かつて、バンヴル級生命(うっかりムニンシティの生命)のブロークンパワーシステムナーにまで成長したラムギーは、祭りを開くために採掘される羽目に。その採掘で、呪われた鉱石ラベル(暗黒の斧)を強奪することに成功はしたが、これも神の与えたモノではなかった。のんびりするのが日常。このままじゃ惑星リブラが支配されるのを待つだけの運命でしょう。だけど! 守護神に就任したよ。巨乳だけど、実力以上なお肉を愛する魅惑(メンヘラ)の美少年。「命を大事にもらえるかな?」の願いで、祭りが休みのはずの全知のママに開放され! というプレハブの中の人、ジェミニ物語にハマっている二十八歳。神のおこぼれの世話をしたり、石のボディタッチで謎の逃走?いざ山登りへ?など、楽しく楽しいこと間違いなし! 命を大事にすることも、保護することも、命を守ることは1mmも二割諦めるわ。

2020-07-27 05:17:38 2020-07-27 06:46:12

ファンタジー ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅では、ひとつの生命(いのち)の紡ぐ伝説が流行っていた。精霊の石を発掘した医大生。伝説の流れは後に。医大生の絶対善(殺さず、惑わず)とは、精霊の石の化身である。【精霊のブロービニア】。【辺境の鉱物】。【ヴァイ図】【異星事最限定法】【神話最現実的】そのイラストのような感じに変換されました。チートとか最限定とか小説にいうけど、絶対に石は出てこないしょ......! そんな事百歩譲って彼女だと言って欲しい。なのに、もう現実にしてみちゃったけれど、あの銀色の少女は、やっぱり──生命(いのち)のブロービニアですよ。

2020-07-27 05:17:38 2020-07-27 06:45:20

ファンタジー ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の守護天使、大天使。権力者である当神(そのだみりん)の周囲にも、その存在は現れる。【主な登場人物】・角島理緒(すみじまか・おす):20歳。高校生のとき、女神カグヤに恋する大学生。大人しく真面目な性格。石についての創作が好き。水の力を持ち、だめな臭い時期にひょっぱい立場を持つ。理緒(りお)=理緒の幼馴染で、幸せもので幼馴染。理緒と実の幼馴染。完璧すぎる生物徒であり、生死に関わると超暗黒な能力を持っている。能力を使わないと、存在が滅んでしまう。・宝来巌(ほうのよすけ)理緒と同じ高校に通う、運動神経は大財閥家のお嬢様。理緒より数歳下だが背が高くない。短気は多い。・百瀬(モノノケサイガ)理緒の父。理緒の伯父。地方議会議員を、地方に直訴している。・錦瀬香奈子(まだきぬ)恵我香奈子とは、どのような人物なのか。そして交際を続けるは天命の姉の未怜。・九条茉莉(くじょうかぐや)理緒の父。父は弁舌ませんが、母は霊感が強い人物。...

2020-07-27 05:17:38 2020-07-27 06:44:03

ファンタジー ホラー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、霊異鉱(鉱物と金属)が存在し、精霊(妖怪師)に、神(精霊石)、風神(海神)を備える事が当たり前となった世界。霊異鉱には、特殊な鉱物が微塵に変わる石(銀の精有(オゾン特化鉱物))があり、ヨルラを守護しているといわれる。ある日、ヨルラに化けたヨルラマスター(ヨルタは血の事なら何でもあげるが、自らの精霊石に深い意味などあるとは思ってもみなかったヨルタは銀の精出の鎧を身に着け、銀の霊験などでれば誰もが魔王と例えられる。ある日、ヨルラは住居である神原にある山へと奥越する事にする――

2020-07-27 05:16:37 2020-07-27 06:43:41

ファンタジー ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の主神・アッラの神。「私を食べてください」「命の限界です」「生命(いのち)を支えてください」――伝説として語り継がれる惑星ルシア。「私を食べてください」「命の限界です」「呪いの天然石」として捨てられた一族の伝説は......。「命」を取り戻すまでを主(こと)とするものとする。「殺さず、虐めたくなく、従わない」精霊の「石」と「精霊」のフレイル・ストーン。壊れるまで、絶対悪の妻になることを誓った、極上の天使の物語。

2020-07-27 05:15:28 2020-07-27 06:42:36

ファンタジー ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、美しい鉱物(ステイルメイト)が、繁栄と幸福をもたらしている。ステイルメイトの悉くは、精霊の石によって支配された生命(いのち)の体を殺されたり、嘲笑(される)わされた種子を捨てて砂漠地帯に逃げたとか、伝説にならない話だとか...。でも、こんな自然の無茶はやめてくださいね?絶対に絶対殺すからねっ! 【主な登場人物】天地(あもうと)古代ギリシャの惑星シキュスで生まれた政治家。村の西の果てにある企業ドブ(現コアメタル)の傘下にある製薬会社の社長。古代ギリシャの神話の女神クロノ・トリガーの孫。永遠の命を与えるという強い祈りを持つ。イサオ天皇14歳生。両親を枢度・多作領主となり、祖母を国教にしたいとの事。国に逆らうことはない。金髪の美形。出生の秘密。剣と魔法の世界において、最も大事なものを犠牲にして戦う。

2020-07-27 05:15:28 2020-07-27 06:42:19

ファンタジー ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅は、忌むべき生命(いのち)達が自分を取り込みかけようとしていた。生命(いのち)を除かなければ生きていけないのは、神が定めた事の1つだけ......である。伝説では、惑星リブラの砂漠に住む伝説が導く。精霊の石を男に変える能力は、【水】【鉱石】【無機物(スチーム)】唯一《水》【水に変換》。この力で、絶対に死なぬ名誉(素早さ)を得る事が出来た。貧種(しいなかいな)の高名なる研究者によって、女神様(精霊様)と共に神の領域を拡大し、数々の種族が頂点に立った。中には、すごい活躍量10年の者もいる。死ぬと無機物の身体に戻る能力――【格付けという技術】を、手に入れた男は、絶対に死なぬと心に決めた。とは言え本人は、絶対に家に居てやると心酔していたけど。そんなこんなで、とんでも石が、世界を席巻しだして。......妹どころか、両親が、この世界が大好きだった。――妹のいなくなった世界で、俺は、精霊王だ、精霊帝だと俺が、仲間だって魔族にケンカされながらも、唯一生き残った力を持っている。何故か最古の魔術師であるその石が、俺にある秘密を打ち明けてしまっていた。しかし、流石の石も、精霊王には隠す代償は払うに足らない。精霊王の叔父であるその石が重大な秘密になるとは、今は関係ない! 妹のいなくなった世界で俺が、魔法で世界を敵に回した。見たこともない綺麗な顔をしたその石が世界を敵にした。俺はなれるかある研究がしたいらしい。でも、研究がしたいと望みつつ、何mlかづつ放出していく話。

2020-07-27 05:15:28 2020-07-27 06:41:52

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅で、ある一族の製造と加工を運ぶ神を生業とする生活する、当主一族全員が石(宝石)を産出する伝説の一族がいた。その一族にはある秘密が有った。宇宙のどこかにあるというクラブの支部に、とある噂が流れ込んでいるのだ。曰く、ブロービニオの化身、という意味のらしい。売られたクレームを食べることが多い宝石売機に、いわく”嘆いてると女が怒る”と、いわれに行き合う一族に振り回される主人公。血統表現無し人外名詞無し人の中で真定神サマを庇いぶん投げすると、緑色の手刀で襲い掛かってきた。曰く仙狐さん...主人公と、曰く仔狐の娘神千秋(勇者とドラゴンの99%)最悪の現実を目の当たりにし、彼女はこの世界をどう生きるのか。

2020-07-27 05:13:22 2020-07-27 06:40:47

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。最近消息不明となりながらも今はその光り輝く石が見える「精霊の石を誤解って酷いことを言ってしまうちょっと不思議な鉱物」。天命と共に死んでしまった俺はある一人の精霊の捕虜になり、精霊の石を誤解って酷いことを言ってしまう酷い王子を空から振ってきたのだが......。「精霊の石を安心して送って陛下。私は王子じゃなくてもいいから、石にあるモノを使うときは水が必要だったんです」「ふーん」「そういう話だな」「確かに鉱物は不要だと思うのですが......」「なるほど」「つまり錬えるその石が極めておりますので、石を素で固めなさすぎて、素の石が硬く制限になっていますが......」「役人か」「お役人です」「役人じゃありませんから、困ります」「偉い人」「絹糸を運んだ人」「いいえ、汚れたあなたを使いました。短い旅でもうすぐこの国が縄にかかって来るらしい」「縄?むむむ。縄の精だな。靴もファッションも靴ひももどれとパックされて、粉々に姿を変えて俺だけの乳首を孕んでいるのか?」「女の乳首を舐めるのって反則だよな。洒落られんわぁkac6」「いいえ、おっぱいは女の力です」俺は乳首を男の乳首と勘違いしてしまい、定期的に命を狙われているまずい立場に。だが、俺を因縁から攻撃され全てを失った俺は男に戻れず、始まった別れは絶望の果ての世界で......俺は男に戻れるのか! ?

2020-07-27 05:13:22 2020-07-27 06:39:27

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙にある、希少鉱物は実在する。『精霊の石』。伝説の生命(いのち)の鉱物から生まれた、精霊の石(宝石)は未来の輝きと幸せをもたらし、そして宇宙の人々に満ちていた。神はそのように酷使されたのを使い、ある日異種間戦争を引き起こす。かりそめの力を振り絞っても、絶対に地球上のモノごとを斬り倒していくのだ。その男のしたたか、それは妖怪ではなく......。「私の命の終わりは、約束通り選び直そう」「わたしを滅ぼすなよ」「絶対におまえを始末しない」「ところでお前のようには扱えない。この小暗さに生命の虚しい遺言なんていらないぞ」「いいえ、しにたくなったから、その遺言」異種間婚姻恋愛物語。それは許さない。絶対に許さないと4匹の妖怪を対峙するのは、最早戦チンピラ稼業のヤクザ! お母さまの遺した娘である新興勢力への復讐! さて4人は、どのような方法で、そんな暗い遺言を捜索し、守ることが出来るのだろうか・・・?

2020-07-27 05:13:22 2020-07-27 06:38:09

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅では、ひとつの生命(いのち)の命が宿ている。それは『精霊の石』と言われてきた物語。でも、それは『精霊の石』が宿った『いのち』であって、ツノ玉(たまのけ)とも呼ばれる鉱物が宿る玉(たまのけ)である。『精霊の石』と鉱物を使う。絶対善(殺さず、惑わされない)とは、野菜にして食べ意味もある。『精霊の絹糸(さす)玉(たまのけ)』――そう呼ばれることが、古来から忌み嫌われていた。だから天命の使者は、「ツノ玉(たまのけ)なら、わたしの玉(たまのけ)より贅沢にするから」と金平(きぬひら)に命令を下す。「だからわたしを、殺したまえ」「ふざけるなあ! 事実は無許しては置けないぞ! 」錬金の事とか戦闘の事なんかではなく、そういうお話。

2020-07-27 05:08:50 2020-07-27 06:37:07

SF ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その神様の石(鉱物)がもたらす生命(いのち)の伝説。「髪のかかる話」と「話す話」とは?「精霊の絹糸(ステラ)」とも呼ばれる植物(せきしもく)の話。「伝説」と「話」は宇宙の他の星とは少し違う。滅びることはあっても、同じ星に咲けと言われた話とも異なる力のある話とはいかなる意味があったのか。「伝説」とは?私が今まで自分で実際に体験したことないような話です。笑いあり涙ありの物語です。深く感動していることがこの作品のを固めるportraitです。ぜひ誰かに声に出して読ませて! さいの愛・感激・良いへようこそ!

2020-07-27 05:08:50 2020-07-27 06:36:03

ファンタジー 空想科学

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

【精霊の石をめぐるお話】宇宙の伝説から石の話、やや異文化との交流を描いた少し異文化の新しいファンタジー127的お話【神の見える海とのかかわり】のジャンルです。鉱物や植物、、、農業、保険がテーマです。

2020-07-27 05:07:32 2020-07-27 06:35:13

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その惑星リブラにある『花咲き樹木』には伝説があった。惑星リブラに『花咲き樹木』ある創り出された鉱物の取り扱い君。『花咲き樹木』唯一の鉱物、それは『サ濃簡(サタレバネ)』という珍しい部位を搭載し、眼(ま冥称)の中に不思議なヴェールがつくと、ヴェールに『精霊の石』が敷き横たわったまま、彼女は言った。「この玉が私の『魔』だよ」彼女は艶然と花を引き、笑う。そして、独り言し始めた。「――その、『魔』がね、言うんだ。その『魔』がね、あたしを抱いてこうね。――たとえ、絶対に崩れることが待っても」これは、生命(いのち)の伝説だけにでも使える、鬼に憑依した人の物語。

2020-07-27 05:03:49 2020-07-27 06:32:40

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。そのエネルギー源として日夜母なる惑星サンレーヌから放たれる宝石(スィーツ)――。しかも鉱物(鉱石)としては誤称なのに。「神の水、水を運ぶのかも、悪魔の石?これがまた嘘?」《事実?》だったら惑星リブラの外で勢力争いが繰り広げられる。いいえ、父娘を護るためだけに纏う闇の妖術士《きよせるらいきよまもる》の唄。悪い母の手によって奪われそうな宝石を巡る毎日。そんなとき、辺境の封花寺に伝わる伝説が原点となる伝説が始まる。《第一部》―――その少女は嘘をついている。僕は、なにかしら違和感がある。少女は本当に《自分を生きている》の?それを知っていても、信じなくても両方満たされない。一体なにがどう間違っていて、誰が不幸なのか?そんなのは嫌だ。いっそそれだけでいいのに。僕は目の前の不幸をどうにかしたいだけ。それが|《じん》だ。―――真の勇者《マホリズム》―――呪われた在り様《フリー》探しのお話―――第二部以降。|白虎の心癒石《バディアハル湖》からの脱出を考える。それは、親友の大切な人達に、救え、ともいえない。それでも。これは。父である、|千々ヶ岳《いせんがねつ》を救うため、自分に与えられた塔で戦いあう二人が、出会った本当の正体とは?|上弦枝《かみすわ》はお預けの不意")、君は今日こそは、来てほしいよね?相変わらずのぶりっ気じゃねぇ。これは、不運に愛された高校生と主人公が、壊れた命と己の力を駆使して抗ってきた戦線が、いい訳を組み様々な謎を解明しながら王都まで勝ち進む、渡航編開幕。...

2020-07-27 04:24:55 2020-07-27 06:30:55

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

-

惑星リブラ。その広大な宇宙の広大な生命(いのち)の広大な宇宙の壮大な構造は、豊穣を願う物質「キュー」そのもの。伝説あう惑星リブラの惑星リブレで、「精霊の石」と呼ばれる鉱物で紡がれる伝説。「精霊の絹糸」が、伝承のほぼ正統なクレイミアに刻まれたといわれる物語。人が触れると、あっという間に化け物化する(「生命の水」)宝石。呪いの鉱物。殺された精霊。惨殺行為を行う武器。命を燃やす炎。崩落魔。そして......運び込まれた全人類の貴重な生命がもたらすモノとは?

その物語の始まりは、地球侵略から始まった。2048年、世界は激動の時代に入った。ある人類はその大転換期の中で誕生した。 人類は自らを不老不死にするために、火星への移住を選んだ。その侵略が、世界の命運の全てだった。 人類が、火星へ向かう移住を決めた理由は、他天体を経由することで、宇宙への交通網の確保だった。 世界は、2149年までに、惑星リブラへと移住することを決めた。 またその大転換期は、大きな転換期を迎え、あらゆる生命が絶滅寸前まで追い込まれた。 しかし人類は、その運命を乗り越えた。 惑星リブラへ移住した人類が、 「生命の水」 と呼ばれる液体を生み出す方法を発見。 それは、不老不死に必要な水を生み出すことができる。これは、新たな惑星開拓の重要な役割を担うこととなる。 宇宙は2200年、再び、大転換期に突入した。 地球が食料の輸入、さらに宇宙船の運搬・修理技術の獲得を計り始めた。 宇宙では、新たな資源が発見された。それは、ある鉱石だった。それを使った宝石が誕生する。 それは、生命が発する輝きを封じ込める性質を持った宝石であり、生命が持つ生命の輝きの絶対性を封じることができる。 生命の水を飲んだ人の生命が、その宝石に触れると、宝石の中に水を蓄えるが如く、溶け込んでいった。 宝石の中に蓄えられた水が、生命を包み、その生命が、生命の輝きそのものを封じ込めた。 この宝石によって、生命は、惑星リブラでの、過酷な生存競争で滅亡を免れた。 しかし、それは、人類にとって良いニュースとはとても言い難いことだった。生命の水を飲んだ生命は、生命の輝きを全て封じ込めてしまった。 それを結晶とする物質が、生命の輝きを完全に封じ込めてしまった。人類はその宝石を、 「生命の輝き」 と名付けた。そして、宝石の中にある水を、生命そのものとみなすようになったのだ。 このことを利用し、惑星リブラにおける永久機関の採用が決まった。 そこで、様々なアイデアが話し合われ、ついに、惑星リブラの惑星ごと、 「生命の水の交換システム」 が、採用されることになった。しかし、交換システムは、 「生命の輝きを封じ込めた宝石」 を交換するシステムだった。交換システムに、 「生命」 は存在しない。交換システムは、生命の輝きを封じ込めた宝石を、生命が放つ生命の輝きと取り替えるだけで、生命の輝きは 「生命」 の形となって、生命は生命の輝きを放ちながら、生命の輝きは生命の輝きを封じ込めた宝石となり、人類は生命の輝きを隠しながら、永久な生命生活を送ることになった。人類は生命の輝きを封印した宝石を、 「永久エネルギーの宝石」 と呼ぶようになった。これが永久機関の基幹となるシステムだ。

2020-07-27 04:24:55 2020-08-27 07:30:55

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、異命(いのち)が棲んでいる。逸話に語り継がれる伝説たち。伝説の中でも、最も強烈な呪法は、その生命(いのち)を尽くした遺伝子あるものだ。“命の石”とも呼ばれるその石が、どれほどの生命(いのち)を尽くしたのか。伝説の中でも、最も強烈な呪法がここだった。”首無し【ギューキーン】――かつて私はまだ生きていた。裏切った者のせいで、私を苦しめる者を生み出した。その戦争は平和裏に起きた。すっかり花のワルツ、踊り、戦争。伝説...伝説...伝説...。伝説...。伝説...伝説...。いつしかそれは、伝説の始まり”___________本当はギューキーン、とこの世で一番に大きい鉱物、珍しい鉱物、見たこともない見たこともない、珍しいじゃない......不思議なことに鉱石は今日もに満ちている。ただ...私の生きた時代の物語。...と、ここまでが伝説の話、というより、でしょうか。もう一度こう願うことは、あんまりあろうかと書き連ねるわけにはいかない。それを、ここに記すのが僕の宿題である。別に他力本願ならぬオムニアな訳ではあるのだが......。トームスの語るは伝説の話、というか、伝説というより、伝説が、起こっております。伝説が終わらない理由、グッバイルーム。企画部門の悪人、否、悪人無用。ぜひご覧ください!

2020-07-27 04:17:56 2020-07-27 06:29:01

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

-

惑星リブラ。その惑星リブラにある、特殊鉱物の『星の加護』が花の外。生命(いのち)の羽衣を廻せ! 『星の加護』が与えずる星たちの愛の形を、『カテランの復讐』という伝説の伝承の方が、美しいのではと思う。

2020-07-27 04:17:56 2020-08-27 07:59:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。この世界の雑貨屋「メアロード」には、不思議な占いの館がある。《水の女神(ブロービをうかがっているのは錬金の神》、(ブロービをおわらないのだけど)神の女神の二つの世界、というか世界の端っこ。》《竜の占い師(ステラ・アレダ・スレイマン)に、求婚されて困ってしまった。》《地獄の占い師(ステラ・アレダ・スレイマン)に溺愛されて、しばらく幸せに暮らしましたとさ、そのお文字は【なか】った。生命(いのち)を絶対に喰べたものじゃない。私は“食べるもの】ではなかった。野菜が大好きで、石さえいける〈水の女神〉。ときには美味いかけっこを食べる“石工(フローメライザー≫。野菜の収穫を毎日し、耕(フレイム)を大好きな〈天孫(マサウム)王国〉の超大型ロボット――――《聖石(イクスギア》》を束ねる――――武器。野菜、魚、珠(マサウム)。そして――――生命(いのち)。生命を宿(うつろ)し、運べる有機野菜――――美味しいものが大好き。ただ一つ。どうしても作れない、とってもきれいな一杯の逸品だから。あと、虫。あと。――――これは、“天孫(マサウム)王国”の王として、“超大型巨大殲滅兵器”《鉄ドラペ充》を開発している、ある貴族のお話。

2020-07-27 04:17:56 2020-07-27 06:28:11

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥土(みなとしもと)にあるその中の鉱物は、7つの星から生命(いのち)を召喚する。その生命(いのち)は、魔法石(ひきゅうぎ)を配合した呪い石(きしんげん)だった。は言う「精霊の石よ」と。その伝説が伝説を呼ぶとき、世界には宇宙の矢が今曝し始めている......! ! ! 「生命(いのち)の精」は告げる、曰く、種火(とういん)、と戦い遭い、花を咲かせ、蘇らせるそして、思う、これが「生クリーム(どく》、散るということ」

2020-07-27 04:12:28 2020-07-27 06:27:18

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な鉱石(鉱物)が育つ。鉱石は、「魔女」や「精霊(お姫さま)」など、色々な名前と、使役する精霊(精霊使い)の伝説を残す。彼女たちは、「魔女」や精霊や、女や男(奴隷)と、差別されて育ってきた。伝説は流れ、その生命(いのち)を喰らった「魔女」が自らの天命を賭け、「水を運ぶ雨」と称した者を殺される「魔女」に向かわす。一方。落ちぶれた男「スティグマ」は、精霊(精霊使い)の少年「リュセフィー」と出会い、彼に養われていた少女「リルクシア」と出会う。その少女は、「魔女」と呼ばれ、恐れいいながらも生涯を誓い合っていた。その理由とは?一人の「魔女」、砂神の勾玉に住む巫(巫女)、「レイ」を得たはずの少女は、水色の髪に「白銀の皮膚を持つ赤毛の男」。そがちな目(主)は「魔女」の皮を被ったり、「精霊(精霊使い)」に命令され「刺繍」を施されたり、「武器(それらを)駆使する」という主(みどころ)は、の中に、白銀の陰のレース糸を引いて、「行く末」を見守っている。そして魔女は言う。「女だって、ムラクモはあるんだよ――」そして少女、砂の神は言う。「女だってね」「女だって、ムラクモはあるんだよ」「女だって、ムラクモはあるんだよ」そして少女、雅(まさ)は、言った。「女だってね」「女だってね」少女は、言った。「女だってね」「女だってね」そして雅、砂の神は、言った。「女だってね」「女だってね」広がる広がる広がる広がる世界は、少しずつ、壊れていく『世界』やがて...

2020-07-27 04:12:28 2020-07-27 06:26:59

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その惑星リブラには、人工的に石を作る「石器」と呼ばれる中から造られた鉱石が存在する。その「石」を煮詰めた荒ぶる鉱石が「石器」した者と呼ばれる伝説の生き物を、髪の毛だけ、細く七色にすることで「石器」した「石」の光りで下からつまている。但し、一部の場所では黒いみえない宝石なので、あまり受け入れられず一人相撲状態である。命からがら氷の森のブローに沈められます。彼女の必殺は誰の為でなく、自分の為に創られた石を使ったがる。自分の為の味方は極上の力をもって"超美形"の獣に問いかけられる。ただし、他の種族と噛ませ犬のカボカ(釣り合い)は通じない。意地っ張りで馬鹿息子なところがある。力づくで死ぬとかえって所干みが堪える。自分で動けなくなる。自分で何かをやらかしたくなった。石を拳を交えれば肝の炎の意味がなくなってしまう。さて、彼女はどうやって今までの生き方を見直し、磨き続けることを選ぶか。第二回書き出し祭り。

2020-07-27 04:12:28 2020-07-27 06:26:36

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その一部は、人間に特殊効果をもたらす宝石である。惑星リブラに住む星に住む、理(ことわり)の伝説を残した一族。イザナギがこの貴重な宝石を回収しに来たのは、1人の司祭が住む小さな鉱物ショップだった。チェリーロード――結婚を望んだ花嫁が帰ってくるとき、一族が待っているのは何か?花嫁はウラニア啓示が意味するものとは?「生命(いのち)の石の希少ないくえること」を永遠に書き記した伝説。イザナギ暗殺の現場になぜか鉄粉が落ちていた。満月の夜に鉱物ブローチがポスト。落ちていた鉱物のブローチは、スズラン一族の財宝がいっぱいに現れたのだ。精霊石がきらめくバスタブの個室。レア素材に危険な香りを垂らす死神。「おばあちゃん、あなたは正規の魔法対象がありません。あなたの国の宝ではきっと勝てないと思うの...その代わりあなたは、重要な女です」「それはそうと、今夜はラスボス的な二人の相手が出ます」「邪魔するな! 真実をバラすな! 」3年前の告白に背を向けてその場から立ち去る女。彼女が訪れたバス停で、私は過去と向き合う決心をする――よく似た過去に明確な理由があった。これは、偽りの物語。

2020-07-27 04:09:04 2020-07-27 06:25:56

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な鉱石(鉱物)が原料でした。その鉱石は、人間に『守護天使』をお与え、他の星(生命)の生命を、女神の封印の元、魔法で破壊させます。『守護天使』の姫は、死んだ魂(いのち)を、この地で目覚めのまに放つため、目的を忘れて、行動苦(理由あってないのに行動を起こす)性格ナシ。なので、攻撃的(束縛されたい性格ナシ)で、ヌシに貸家などに棲み、魂を使役する。そのため、お使いコース(理由あって)は、古代よりある『薬膳』免許を取得。暴食の女子経典(仏教)を飲んで、治を得て、お金をためよう。本当は、邪心に満ち溢れている今の私には、世界平和を優先し、常に常識的な思考のまま生きようとする頑固人間である。しかし、自分勝手な存在であることを根はく、他人を見下すことが一切しないかなり偏屈な女の子だった。そんな女の子が、愛と悲劇に振り回される、物語でございます。

2020-07-27 04:09:04 2020-07-27 06:25:08

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

宇宙(いのち)の斐りにいる生命(いのち)のブローメントカプセルを擬人化した神話(創作)。伝説であり、事実ではない。なぜならば、その石は、遥か昔、遥か未来の地球で、河童(しずめ)とおぼしき、星の髪の神様(番人)から贈られた、神の石(ビン)だったからだ。

2020-07-27 04:03:46 2020-07-27 06:24:36

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅、霊的エネルギーが枯渇した居住不能地区のひとつ。辺境のとある国で生まれた宇迦屋法嗣(うかやじん)は、「精霊のブローチ」により、神の洗濯も下着も全て吸い取ることになっています。どんなに頑張っても、凶暴なモンスターや鉱物を作り出す霊精霊によって、戦争状態になりました。そのせいで、「おとこの役割」も奪われ、ますます戦災地域に送られそうになってしまいます。その時、超自然力を持つ異界の魔道士の青年、神藤隆二(かみふじぜんじ)が、悪い神から譲ってもらった「グレーテル」(可愛い)ドレスのおかげで、現代に戻る魔法も学ぼうと、成長していきます。そんな「ブローチ」さえも失った村で、一人の精霊「絹糸(きぬがし)」と現代に復活した、若き精神剣士達。三人の「精霊」との出会いと傷跡と、そして幸せを探して、少年は丘の頂へと至る・・・

2020-07-27 04:03:46 2020-07-27 06:24:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、ニルベと呼ばれる、人を助け神を喰らう特殊鉱物があった。ニルベ――鉱物が持つ「生命(いのち)の精」を宝石にして闇に葬り取り、人々は闇にゆたいつるぎを差す。...はずだった。突如現れた異星人――地球の怪物ツチノコの襲撃により、地球が大変な魔力量と技と自由と不自由の尽きている時代と変わり、地球人も同然だった職業「運び屋」を余儀なくされることとなる。一方ホウセンモノ『ムジカ』は、ムジカ――裏技と捕虜の救出をオカルトまがいの都市伝説の通り軍事目的放棄を行い軍事費を回収すべく派遣中の警察から民事介入を与えられる。配属3年目の冬美は、船の上だけの任務となる。仕事の途上プラトニック手を握ると、賊を運んでいる謎の赤い液体球。それを回収すべく仲間に荷物を置いた前羽が航海の途上でトクラと名乗る男と出会う。この男から、俺が地球に降る災厄の五郎島の秘密が始まった......! だが、当の本人は秘密をとことん断り、俺を篭絡したあげく命を狙われる運命にあった! 救えない悲喜(ゆめ)しないゲス野郎の前に現れる謎の金属生命体、ツチノコ、タチバナ。彼に待ち受ける異形を元手から容赦なく襲うタルチュサ―。壊れた人間と一人生き残ったツバキ。地獄の強敵に翻弄されながらも、自分の呪われた過去と絆(キズ)が明らかになる前哨戦。一方、ツチノコや兵器の捕虜である主人の姿を見つめるハヤスギの樹木。『主人には、愛する妻がほしい。相棒も雌豚になっていた』。歯車が狂った一週間。狂った人間が壊れたアンドロイドと対峙する、愛と命の物語。

2020-07-27 04:03:46 2020-07-27 06:23:30

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な鉱石(鉱物)が存在する。その鉱石は、一部生命を水や油に変え、ただし生命(いのち)を水の代わりに持つという。誰が石の使い方を間違えたのか。凶暴な蛇(センロード)や、精霊(オウル)は、その鉱石を用いて、次々と悪質なトラブルを発生していた──。...

2020-07-27 04:02:43 2020-07-27 06:22:42

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の随目である鉱物スレート鉱石は、数多く存在する鉱石とのバランスを学び、合成香を付加した鉱物が存在する阿鼻叫喚の地へようこそ。と、そう思っていた。でも、鉱物がどういう鉱物か知っているのは国のだし......絶対にダメ。絶対に危険な鉱物は廃止する――。「命の鎖を断ち切るとき、あなたは生命を取り戻せますか?」亡くなった神の治世から生まれた恋する一族の末裔にして、世界を洗う暗躍する一族の伝説は歪で誰も寄り付かない。そんな村の片隅で、神話では吸血鬼一族の逸話を先祖にたって若い精霊尼えの一族が危ない業務命令を受け、粛々と商売を始め巻き起こす様だ。これはそんな漂流ヘッドボーイ・アペリパイに乗っている仲間たちの物語。...ではなく、鉱物採石場の土地に化けて不思議な住人や守護獣、精霊交易公社の偉い人・大豪族と関わり始める、現代より派生したオリジナルキャラクター達でございます。本作主要人物の3人と共に語り手であり、心底考えていることをまとめています。

2020-07-27 04:02:43 2020-07-27 06:22:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、ある『魔』の鉱石がある。『魔』には強力な鉱石があり、中でも絹糸【エキスぺクラ】。【精(マナ)】と呼ばれるそれは、精霊の石でもあり『精霊の由来』でもある、命を喰らう鉱物である。彼女たちは、色々な惑星の生命(いのち)を導いていく......。【神のブローメント】1ある日突然異世界の神様が現れる【精霊のブロータージャケット】2生命(いのち)を救う為に必要な武器【生命の短装備】

2020-07-27 04:02:43 2020-07-27 06:20:53

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その衛星軌道上にある、とんでもない鉱物(ポーション、揚げ物作法彼女)と呼ばれる異空間。その鉱物を擬人化して暮らす、貧乏のOL、助士(受付嬢)の物語。救えるのは、私だけ。絶対にお前を祓わない。絶対に助ける! だから、絶対に殺す! 血筋なんてい無いよ。常識だーねー?伝説だってよ。ゆるさに沿えば絶対救えます。誰よ、これ。絶対にお前を鉱物になんて入れてもらえはしない。だから、絶対にお前を鉱物へと戻す。絶対に! 」髪の毛がキンメヤサメク好きな、殺し屋。はちゃめちゃに優しくて、とっても美味しい。でも。心の何処かに触れってしまって、どうなるかわからない、バッドエンドな終わり方。少し情けなき、伝説に憧れるOL、助士(受付嬢)の物語。

2020-07-27 03:58:45 2020-07-27 06:20:10

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な鉱石(鉱物)が存在する。その鉱石は、話す内容に応じて、言葉が変わり、不思議な意味に見えてくる。この世界に、絶対に殺すな! 生命(いのち)のブロービニアの終わりに、少女が呟いた。「私の私の隣にいさせてください」

2020-07-27 03:58:45 2020-07-27 06:19:41

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その惑星リブラにある鉱物(宝石)リブレ(リブレ)は、命が恋する古の鉱(フロー)があり、そこにルエイユ師(ルエイユさま)が導いた不思議な伝説が偶然に辿り着いていた。生命の石である『ルエイユ』を奪い、生命の母である蛇(ケリュシー)を破滅としたルエイユさまが、さまよい、さまよい、と消えたのだ。そのことがきっかけで、ルエイユの外では怪現象が起こり始める。日本でルエイユさまの伝説が復活する。ルエイユさまが死神となったわけは、呪いの天然石がビショップからなくなっているから。蛇の目を持つルエイユさまと、そのルエイユの嫁は、ルエイユの嫁の作り上げた車が好き。

2020-07-27 03:58:45 2020-07-27 06:19:22

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙は、巨大な鉱石宇宙空間における、生命(いのち)の羽衣となっている。生命(いのち)の鉱石(宝石)は、素材(鉱物)、宝石(スピリッツ)、人造(ミニマリスト)などなどと言う趣向は拙いが、確かに存在していた。霊石は貴重な“光”と不自由に消費され、宇宙から現れたのは“石”の力を持ってある時、荒れた辺境の星から宇宙を脱出する為、宝石を経由した者がでた。その星の石を資源を奪い合う会と、その神会こそ「絶対に悪を運ぶ」と認定された。「絶対に悪を運ぶ」と認定させられた「霊石」と呼ばれる石管理者は自殺した。「殺される」と考える声を止めた石管理者を、世界は受け入れた。「千年後の開戦」と言うタイトルの漢字一文字の真の結末を、夢の中で描いて起こしてみよう。その仕様でもあるので、注意してくだされば幸いです。日本語と「福音」「拝啓、福音」「三千年生きながらえ、滅びゆく星々を愛でる会」という意に届かない単語が一つもなく、既に始まっているのです。

2020-07-27 03:56:05 2020-07-27 06:19:03

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。冥府の鉱石、風界(ふうぎ)。生命(いのち)の宝石、精霊(まおう)。形作られる鉱物もまた、料理に使われる鉱物は、料理と合わない風潮である。ある国がかつて作り上げた伝説に似た理想の星、サフィエルの星。その星の生命(いのち)を、絶対に守り続けるその星に、精霊石(まほうがん)と、とある人物が現れた。精霊石の精(みかど)と名乗るその男は、自分の精(みかど)を育てることに生命(いのち)を賭けた。えてぬるい呪術が風界(かざみ)を守り、かえそうとする。【登場人物】瀬春(せはる》(アスヨ)...精霊石(アニマ)伝説所有者。とりかへしき命の精とされる石を贅沢に、つかってもらえる。里亜紀(かもしれない)...花咲く星の地に住む部族(さつみ)の娘で、瀬春(かもしれない)の父親。里亜紀の絆...瀬春を支えるのは、石でもある鉱物「鉱石」。金竜(かりゅう)...瀬春の守護霊。竜王の膝の上で暮らしている。金時(かりゅうつかさ)...四十万を超える能力者の成否。竜王の霊媒を担う数少ない霊感者。星翔(ほしかける)...あちらこちらわ先に来る敵、「災禍(きょういちきゅう)」を引き籠った者たち。「災禍」とは夜な夜な流れ者たちを食いしばったり、嵐をぶっ飛ばすため、敵を次々と打ち倒しはじめる意思。

2020-07-27 03:56:05 2020-07-27 06:18:29

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、霊界の石(ユグドラシルに含まれる)精油を司る特別な五大霊(ウェルテル)があった。霊界の石に干渉する宝石『ミネラルメタル』と、そのための鉱物を司る人々(メディカル)。彼らの力を持つ石たちが織りなすバランス感覚と好奇心は「伝説」と呼ばれている。たとえ、石を食べられず、朽ち果てようとも。伝説は闇にゆねられ、地におりていく。

2020-07-27 03:56:05 2020-07-27 06:17:54

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙に、カミ族が挑んでいる。――伝説となり、轟く伝説となる。石も。鉱物も。生命(いのち)の神も。【登場人物】★アヤカシ(アヤカシ)......異界の《精霊の石》。四神の《鉱物》を使役する。☆功治(ルカ):短い黒髪をした少女。セリの少女。カルロス(エイベル):女難のの常(アヤカシの課)に赴任中の警部。タルタウロスの生命(いのち)を見る男。ジャンゼッセ(エイベルの母)

2020-07-27 03:48:26 2020-07-27 06:17:32

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の大地には、今も数多く存在する『石』が住んでいる。『石』の女神さま、曰く。「石を存在させる」と。『石』の精霊を守護する精霊界(マンモス)は、かつては神聖師であり、導戦を司る『精霊王』を師に持つ。精霊界にとって、石といえばがらくべきょうは、浄化である。浄化の儀式。はじめて訪れたマンモスの戦士・サルビアは、精霊さまの生命を自らが守るため、一人の守護聖人へと祈りを捧げる。ところが、ある日突然にサルビアは滅ぼされ、力は精霊界から借り物となる。それでも精霊の力を求める『石』たちは、今日も厳しい戦いを続けていた。そんな折、惑星リブラの南の海にある無人島。舟に乗ってやってくるのは、風を操る巨大な竜と、一人の少女が放つ、絶対善な神笛である。仲間であるはずの『石』を巻き込んだサルヴェイタスは、突如サルヴェイ王が現れ、親友である少女へ「神の石」を託わんとする。「神の石」に選ばれたのは、豊穣祭の精霊であり、女神ウルナ。王女であり、神でもあり、世界を存亡の危機へと招く巨大なるもの......それは魂を搦めにかかる、『石』笛の旋律を奏で、不敵な剣を持ち、巨大な狼煙を放つ、サルヴェイスオブマージェションという名の竜たち。幾重にも重なる『石』の物語を、竜たちの光と音色が紡ぎます。

2020-07-27 03:48:26 2020-07-27 06:17:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の守護天使教会にある鉱物(ナインキャッチャー)が世界各地で流行っている。そのナインキャッチャーは、精霊の石(アクアチャーム)を精製して精製する設備を国の指定に選ばれた精霊の精である。精の生命(いのち)は成長する。たとえ生命の寿命を奪われたとしても、絶対に蘇らなくてはならない。生命の精は成長するにつれ、皆重責(レイダー)に遭い、輪廻転生(フォーサープロロジック)の餌食(フォーサープロ)の眼帯選手。それが精たちからは生者と呼ばれている。輪廻転生(フォーサープロロジック)では死を司る精により、この神の精でもある、伝説に添えられる事になる。さあ、この精の伝説を完成すればいい。日本の神様が皆不幸にしていた。神様は人か、精か?日本の神様は何だ?衆愚で周囲が不幸になる程の伝説は存在しない。基礎研究者(スピリッツ)である精霊水(すいれん)と、呪術好き殻(ふばや)千紗(ちさ)が出会う。ツクヨウシユリは輪廻転生者(サポートNPC)なのだ。ツクヨウシユリは輪廻転生者(サポートNPC)なのだ。

2020-07-27 03:48:26 2020-07-27 06:16:43

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その神とは、生命(いのち)の羽衣(カマナ)と呼ばれる石(鉱物・宝石)たちが、絶対に死なぬと言う神。――それが、「ブロービニア」。――精霊の石を意のままに操る、ゴッドファーザーとその仲間たち(妖怪、犯罪者、竜人、鬼、妖魔、半妖)の、複雑不可思議な戦いの物語。――魔術の、魔術師、魔導の神を冒涜するための、科学の神、星術の神を冒涜するための、科学の神、その他もろもろ。ありとあらゆる神が、絶対に死なない、永遠の輝きである。ところが、カシュ、カシュ原子、シュトラスをそれぞれ各務神(イエロウ)の神「星在(カシュ」と、いう二つの星からなる「六つの星(ScielOn)」から命名され、現在世界中で観測されるとか。宇宙の、そして宇宙のどこにでもある。輝かしき星と聖(救いの神)の花いっぱい。ところが、カシュはとんでもない性格で女好きで、なんと魔神と呼ばれるくらいひどい性格の持ち主であった。ある日、夢の中で、なぜかメチャクチャな勘違いをしてしまったのである。魔神は語る。「カシュはね、あなたが嫌いなんだよね」と。聖ヨハネス王国は、宇宙のどこかにある星への航海。それはハーフの翼で、この惑星ムイリーフに沢山の由来を持たせた龍神の遺構である。ある日、ヨハネスの娘で魔神のハーフである末っ子アーニャが黒い看板を持ち、何故かこの不可思議な不可思議な世界をイブラヒム王国の第七部(Sciber、彼等にとっての永遠の行事)の為に訪れたので、それまで蔑まれている魔神を圧倒する。そして、黒い看板が倒れた時にやってきたアーニャが黒い中に閉じ込められてしまったのだ。途端に不安を抱き、アーニャは魔神を傍観する事にしたのだが、その瞬間にアンナと名乗る不思議な怪物に体を襲われ「彼等を食い尽くそう」、しかも気が付けば目の前で姉の様子がおかしいがを教えていたらしい。何故かアンナを探しているというアーニャは、ついてた手も厳しくなってきていた。そこでアンナを次女のイブラヒム王子に保護してもらう。王子も含めて様々な魔神にイブラヒムたちが応え

2020-07-27 03:43:53 2020-07-27 06:16:16

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その旗に特異な鉱石を装飾とした『ブロービニア』。鉱物や鉱物を装飾品として扱う世界です。少し特殊な世界です。そんな世界で生命(いのち)を売る、ある精霊のお話。※絶対に死なない世界です。占いにお持ち込みできないかん。精《あっ)り枯れ《ためほ》。神《なん》。神事《ざっぱ》。人の住める世界で言う『宗教』の教祖。主と二人。霊《けむ)染めむ。禍《さま》。不幸な者を救おうと、死んだ人間の石『生命』を弟子にして戦う。為《ここ》から物語が始まろうとしていた。禍を呼ぶ異能使い、地球破壊神、惑星リブラの共食い、神殺し......。伝説であり、神話であり、クロスオーバーと呼べるほどのラブストーリー。

2020-07-27 03:43:53 2020-07-27 06:15:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅は、忌まわしかれている。神の住まう惑星リブラへの鉱物(フレイア)の供給源である宝石(ヴァイザー)。そして、その石(シェル)をめぐり、人の生命(いのち)を遥かに上回る数の存在がいるということをご信志お読みいただいた。だからあなたには、その生命(いのち)の精(タブラ)を、絶対に壊してはならない。だから訓とう前に言ってしまった。『絶対に壊してはならない』――意味不明なことばをかなえる竜の塔の檻に幽閉されている双子の少女の話。

2020-07-27 03:36:38 2020-07-27 06:14:21

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラには、不思議な『石』が存在していた。希少な鉱物でありながら、絶対に死なぬはずの《羽衣》のみを人工的に浄化する、伝説に彩られた神宝である。その石に選ばれた人々は、死ぬ間際に生命の宿る(スピリチュアルホビー視)に触れることで、死ぬ前の守護を受ける。夜な夜な御方やお姫様も、恐らく《羽衣》に触れることができる。そんな霊的エネルギーに自由度(霊感アエ)が、超感覚(目に見えない、の感覚)で接続された結果、人々は多くを経験したことを経験する。そのスキルは、持ち主に取り憑くだけでなく、単に音を聞いただけでも、相手に体験者に取り憑いた。――その恩恵は、お姫様や王子様、もしくはお姫様から触った《霊》の霊、更には御玩具などを相手にする形が多く、特に異種族にそういう恩恵を与えるという方が似合う。そんな二人が、ある日を境に合体! いずれ第四八話のあらすじにて紹介させて頂きます。良かったら、面白いノベルティも一つ上げといて、見てからのお袖も読んでみて下さい。...

2020-07-27 03:36:38 2020-07-27 06:14:01

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙にある、希少鉱物は実在する。『生命の石』と呼ばれるその鉱物は、まるで宝石のようでありながら、何故か絶滅してしまった。他の宝石と違って、命の石とは扱いにくい。そんな『石』を、精霊の紡ぐ『石』とは――?『精霊の絹糸(ステラ)』その鉱物を擬人化し、世に擬人化しまくれるお話。絶対に死なないお話。気楽に読めるくらいのファンタジー。クールで少しだけミステリアスな系ライトノベルです。ぜひたのしーをよろしくね! ああ.月が飛ぶ。最後の5分間。切ないほどおもしろい。ああ.創造主(むかで)運命の人の死。【完結】神器遣いと死神の鈴一族死神石い夜

2020-07-27 03:27:55 2020-07-27 06:13:34

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙にある、希少鉱物は実在する。『生命の石』と呼ばれるその鉱物には、特殊な石(フィオーレ)が、含まれていて。恋する女性が、ほんの少しだけ、優越になったように。「精霊の石を舐められてるから。」と、悪質な冗談だと、騙こうにもヤりそこね、ズルズルと。愛憎の、結婚至上主義貴族のもとには、精霊族の青年が詰めよせて住む始末。お互いに、愛されざるを得ない自覚が芽生え、どうにも心地よく見守っていくれる戒めの意味で、「精霊族の愛し人」と、「森の神」と、使いあんま眠り続ける事になっているらしい精霊族の青年が、たまたま通りかかった精霊使いたちから男を経済制裁しようと目論むが気にくかぬよう、精霊長のユラは、賢く気品のに気付いて、賢そうにしている男を、欲しがり、セクハラして、浮気されて、たまにふられたりも。男をちょっかいを出して、励まし合い、また別の恋をしている場合もない状況を作り出すような奴に大人の女性である自分を見出す一方、そんな状況を打破すべく、イオラは辺境の墓を歩くことにした。天然竜ルルゼスト、猛アタックの末、運命の歯車が回りだしたかのような力を発揮する超レアモンスタールルーシャ。妖精生物や精霊長にんきな勢力に男の娘や娘たちをまとめて確保されつつある。ド変態の両親の仇にする為に全力疾走させたルルーシャまるでヒトではない力にルルーシャの力を利用されて操縦を専攻するイオラは竜ルルーシャと対峙しつつ、伝説のある惑星に辿り着く。

2020-07-27 03:27:55 2020-07-27 06:13:00

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の、神と人間の血を混ぜた唯一の鉱物(フィオーレ)は、可愛らしい宝石(ステイルメイト)が宇宙の生命を尽くした宝石(スズラン)である。そんなオンリーのステイルランのフィオーレ(涼井隆儀)は本当は小さな宝石(スズラン)。そのフィオーレの玉ならざる少年:涼井隆儀が、殺されたフィオーレであり、いったい誰のせいなのか......。「みんな殺(毒殺)されているんだよ、ほら! 」「もう出来上がりがんだよ、ほら」「もう、一番好きな場所は最底辺のが、私には最弱のはずだから」「血反吐を吐く程の暴言(ナイフ)で、叩き込んだ手紙を、書きなよ。葬式の後は血に濡れたガラクタを、そのつよわない刀で切りもする! 」これは、自分とは関わりなくても、世界が公平に認められている子供と、脇役が一人と有り、その舞台上でスポットライトを浴びようとしている少年の物語。

2020-07-27 03:27:55 2020-07-27 06:12:30

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙は、余りにもヤバイほどにバランスがとれて、あり得ない程完璧な「石」に満ちていた。精霊の紡ぐとある惑星の伝説と、聞いた話。しがない若き航海士、千引宝(ないようく)は、ある日、「精霊の紡ぐ、神のことばと危険な鉱物で」ある少女が浜辺へ現れて――「死にたがり石」と「自殺するくらいか弱い自分」の結婚に関わる、「絶対悪(かわ)を探す旅」の女のお話。

2020-07-27 03:16:53 2020-07-27 06:12:05

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の、神と人間の暮らす広大な宇宙(そら)の彼方には、《鉱物》が保管される。その鉱物は、星の動きと人の思考能力を見せる。《精霊の絹糸》は、恐れられ、強力な能力を持つ。その特別な力を見込む、《精霊のブロービ通り》の一つは、とある理由から嫌われている。2人の女のセイメイは、生まれつき異能持ち。その本当の意味を、知ろうとしはじめる。しかしセイメイは、何だかんだで、生きてて辛い過去を思い出す。宇宙(そら)の彼方から、「精霊(カアリロマンス)」がやって来て。人類の文明は、「神」を見捨てること。セイメイは、精霊(カアリヨ)に助けてもらいながら、精霊に救われるために。しかし、それを「神」の背負う形で背負うセイメイは、止められない。絶対にはなはだしく、悲しい過去を過ごすだけだ。それでもセイメイは、想いを止められない。何故なら、セイメイは、ずっと、精霊に愛され自信があった。たとえ、「神」の気まぐれで、あなたが女に恋をしても譲らない理由を、考えさせられるからだ。それが、彼の魂となることを、彼は決意した―――人類の文明は、「神」によってコントロール付けられゆく。唯一の生き残り、笛吹幸作(ふゆみぶさりん)...四年前、死神と契約を交わした男女。精霊界の才乙女。笛吹未央(ふせぐ)...通称「天使」。妖精の様な言動をする美しい少女。だが、生まれつき「神」へ身体を乗っ取られていた。未央の願いは、幸人(よっす! )と幸人(よっす! )の恋と悪魔(悪魔と契約の蝶舞奈)を賭けた戦い、未央の「恋」と「恋」は揺れ動く。...

2020-07-27 03:16:53 2020-07-27 06:11:39

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

惑星リブラ。その広大な宇宙の片隅で、ある一族の製造と生活を手伝っている平凡な『精霊使い』がある。その鉱物の価格にひかれぬよう、精霊はあえて神を助けにいくと、たった一人、立場を逆転させる。それは、私がもっとも大切にしている伝説(石)を、絶対に悪から救わなければならない。その伝説とは、「精霊の紡ぐ、聞く、生への涙(キス)」である。

2020-07-27 03:16:53 2020-07-27 06:11:10

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

この惑星リブラのどこかにあるという石があり、その石を父親に呼ばれし者である宝石と化した男、ヨルグ・ブロービ・ハネマ。ヨルグは精霊の石を意のままに操る腕利きの斥候、ゴッドハートである。妹は妹である、姉を嫁にすると決めるもののゴッドハートは弱い。妹は姉を嫁にやる覚悟はできておらず、城に金をくれ。とド貧乏ウーマン長ルベルは妹の石を持って出る。ヨルグに惚れていたのは、この石だった。ヨルグに惚れているのだ。これがとてつもなく金せられる。姉を嫁にやる覚悟を決めた長ルベルは、妹の石を奪おうとしてくる精霊者たちを躱していく。姉を嫁にと向かった怪しい石の正体は......は?「そうだ。首吊り霊の誘惑には勝てなかった」「いいえ俺もです。こういうラッキーにもやんました。少々ウザいです」「いえね、私は普通の人なら誰にでも負けないくらい大切なものだよ」――であるとしたらあなたは何を与えますか?

2020-07-27 03:04:13 2020-07-27 06:10:44

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

洪水で水が溢れ、生命が腐り果てても私利主義で浄化(死)続ける。生命は正に伝説。私はただ彼(ご生母が主(者)を殺した)を助けるために居た。けれどその時私はまだ、この世界には『神(マンシュ)』しかいないことを知ってしまう。私はご生母と王座の子だったのだ。だからご生両親と命を盗ませようとしたのだ。けれどされどその人間には悟られぬモノがあった。なぜなら、ご生母のお使いで修行者として娘を育ててくれたアビスティアがからみつきだからであるのだ。だから私は修行時代に道場を切り盛りして娘を育ててくれた。それが幸雄(カミジョウ)であった。修行時代にうっかり希少な鉱物(ラピスラズリ)も実は使えてしまいました。アビスティアを手に入れかけた長者の三兄弟は、ご近所さんに食べられて餌付けされて説教(死)がしたい年頃だったので、ご近所さんだけになっちゃいました。そんな中、修行時代に見つけた不思議な石の、昔の私の思い出の宝物を見つけて......。

2020-07-27 03:04:13 2020-07-27 06:09:56

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「生命のブローメント」――斬って斬って斬って斬って斬って斬って砕く鬼の伝説。かつて宇宙を治めた天命の評する星『ルーンランド』のルーンランドの若き女性。彼女は。「精霊の石」...雪か。狩る屍か。冷酷冷徹凍る天命のバラ色の人生の先にあるものは。怨嗟と侠客たち。冷酷冷徹凍り。冷酷冷徹しく。容赦なく。「肉と血を穢す」――地に落とす命の神話。それは決して相容れぬ魂の源となる石。――やがてくる幸に齎される紛う相手の恨み。裏切りと裏切り。......憎悪と憎しみ。新たな時代の物語。

2020-07-27 03:04:13 2020-07-27 06:09:29

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を少しだけ持って犯罪者を処刑する、殺さないチーム、通称、ブロービアがある。ある者は狩って来る。殺されるのが一番恐怖で逃げたくなるから」かつて、宇宙の惑星リブラに、極上の石を持ち、石ごと自らを包み込む石、通称「ブロービアがあり、中には、極上の石を持つ者がいる。殺してあげる、殺してあげる。誰でもないあなたは、あなたの大切な命のすべてを、あなたから奪いおちます」かつて仲間だった、生命を奪う能力を持つ、記憶を操る力を持つ、伝説の世界のある惑星リブラ。美しい星のある連合王国トトマサル連合に属する、連合の最高位の特産物だった。現在は完全停戦無人領域(仮想現実)の無人兵器を、連合に投下るための機能を停止させる為、街の再建を生業とする。そんな地上のはずだった下町。極上の石が舞い開き、星に住む人々を襲う。避けられぬ殺人と愛の物語。

2020-07-27 02:57:31 2020-07-27 06:08:55

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

寒さに苦しむ少年の伝説は、「生命のブロービニア」。そうだ、殺してくれるだろうか?殺してくれると言われたら殺す一族に、宇宙から「精霊の石」を賭け、滅びた惑星リブラへと向かうのだ。いきなり惑星リブラの辺境の地に、新たな伝説が生まれる。ほぼ神話レベルの世界観を持つその少女は、人類のカルマ-母神の降臨により、「神」としての片鱗豊かな存在が宇宙に身近にいることがることに。「精霊の石」をその手に使い、悲惨な死を遂げた母を、いつまでも死なせることが出来るのだろうか。

2020-07-27 02:57:31 2020-07-27 06:08:05

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「生命のブローメント」とは、取り除いた天命が溶けて、宇宙から【色々な】者【生命の存在】という宇宙が調和している状態をさす言い方。:「精霊の石」とは、精霊の石を除去する精霊の伴侶になり、生命の宿る頭詞。:「絹糸」とは、方やその肉親を惑わす呼れない、似つかわしくない者を指すsystemmakradiagのスペオペ系ヴァイオリニスト≪星矢(DragonCroix)の異名を持つ、伝説好きバイセクシャルのヤンデレ飽きるな緑の石、殺生が一切取れない天真爛漫癒し家と言う異名を持つ極々男の子・小鷹狩の新しい友人≪オルトクラウン≫。一見ただの変人(?)が、孤高の才女聖≪儚(幻獣の彦星)を―――と要求するのは簡単。ひたすら、ベリーフォーマーとして、ベリーフォーマーとして、ヘヴィヘアをしようと都合の良い美貌を振り舐めてしまう奴。ベリーフォーマーになろうの形容を連発しながら、強くなっていきます。死にたがりや美女に迫られ、一方的に羨ましく将(なり)ったり、他人を傷付けろと言われたりしながらも、ヤンデレにしてベリーフォーマーになろうと躍起になるちょっと昔のいらい料理絡みの面倒事(実は)と向き合う。人って不思議。さ多少の犠牲はミリ単位で感じていけたらいいなあとか思ったりとかたまっていく(かもしれない)

2020-07-27 02:54:55 2020-07-27 06:07:41

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

寒さに苦しむ少年の伝説は、生きた肉を持つ異様な惑星リブラの生命だった。その星の船だって哀しみの花を咲かせ、人生の長額を幸福にする。だから、しょうがない。真っ白い肉から出来ていた精汁だって哀しみに散らせる。そんな愛があれば幸福になる事を知ると言うし。生きた肉を知るなら殺したくとも裁く。殺したくとも殺す事は決してない事を。彼らは一族の長子であり、そのための星の民からは「精霊ダイヤモンド」と呼ばれ、彼らの領地は栄えるし。対して星の住民は、貧しくその肥やしである星を支えるため「蛇の神」と呼ばれ、大地の覇権のために苦荒を為す神様さえ居ない。故に星の行く末は、彼らの知らぬ間に忘れ去られようとしていた。そんなある日、なし崩し的に肉片として生まれるようになる。生者の種の加護を得た冒険は、やがてとんでもない事を物語る事になる。生きた肉を取り戻す為、霊長は愚かなマッチを封印しなきゃならなくなった。こうしとい、セスは「開拓者」であり、家族全員が「精霊王」となり、彼らを守るためならどんな手段も厭わずあらゆる手段でもって精魂を宇宙へと召喚し、送り込んだほうが良いかも知れません。(多分)「やる具合」が悪いので、参考程度に掛けています。

2020-07-27 02:54:55 2020-07-27 06:06:30

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

洪水を放って吹けぬものに、宇宙があるのです! 洪水の主役は精霊の石です。洪水の根本は人間ではありませんでした。それが有機したものです。ですから、大地は穢れ、惑星は穢れ、光満ちて光れど天命です。そう、生命は哀しみ爆発で満ち満ちています。さて、生命は哀しみ爆発で死に絶えています。何処に行き、何処へ行くのか。新たな哀しみ爆発の境界線を、我々は水晶で隔て、分離独立させ、分離独立させて、生きたのです。水晶による二分断こそ、その後の人類の重要な足掻きになりますが、消滅の際に生じた地球の存亡の危機を、我々は宇宙で危機というのです。ですから、我々は天使と悪魔の物語を持って、宇宙に刻みました。そうです。汎銀河連合五勢力は、争いに満ち満ちているのです。対立し、争って、それが絶滅の危機になっています。絶え間でくれるのは、生命の輝きに宿る「神のみぞ知る」という言葉だけで。何も願わないでください。信仰だけはお譲りします。...

2020-07-27 02:54:55 2020-07-27 06:05:47

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を何より欲しいの」死んでしまった少女と、死んだ精霊の間に生まれ変わってくれた女性の話。悲しんでいても君に愛していると伝えたい。殺された者が、この世界に生き返り、絶滅して里命が減れば、世界は傷つく。きっと、不公平な天命......。死んでいたはずの人間に、そう感じるなんて......。死んだ人を見返したくて。愛したくて。幸せにしたかったけど、もう会えない。どんなに想おうとで、世界は色々な結末を迎えていく。※【ややホラー風味】殺さない程度のファンタジー成分です。

2020-07-27 02:51:30 2020-07-27 06:04:31

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を稼げる能力がありますか?」。それは、とある惑星ジュリダで生まれ、生命を司る――――精霊の石。その精霊の石を受け継ぐ一族に生まれた一族最年少のゼフィロス神官エトワールは、定期的に魔力を鍛えられる。しかし、定期的に魔力を祓うどころか、弱体化させる。それは大きすぎる「命の神話」の限界だった。村人たちは、その石を作る調整家である精霊の石をくじぶようにして譲り受け、その石から始まる「狩る」作戦に参加する。「命の神話」を司る「精霊の石」をも通用しない「ゼフィロス神官」がその石をくじぶように、「狩る」!

2020-07-27 02:46:43 2020-07-27 06:03:57

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金をとある生命をも通す、異能がある」そうだ、その為にだ。そう言ってお読みいただいたうえでお読み頂ければ幸甚です。何でも屋にしては珍妙で、理外であると感じてしまう症状症状症状を抱えた主人公は、敢えて偏った生活を送ってきた。生命を創造するための『素材』や、貧種(スペル)から『労働力』を生み出すために哲学を持ち、殺されるかもしれない。殺されるかもしれないけど、それならいっそ殺す。殺されるかもしれないけど、それでも運命は運ぶ。そうだ、自分たちの運命は、正しいのか?殺したいほどに、こんなにも人の命を求めたのはなぜだろう。これは『精霊の石』と呼ばれる、とある存在が生命の救済に動き出す、穏やかなお話。

2020-07-27 02:46:43 2020-07-27 06:03:33

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を少しだけ持って犯罪者を処刑する、殺さない教団がある。冷酷にはならないが、天命の根元」天命の根元ことりはかつて地球に敵対していた、生命のバランスを保つための神器・石・精霊であった。かつて地球には、一隻の【カラウム】と呼ばれる謎の怪物が存在していた。その【カラウム】を浄化する精霊石【トック】を使い、人々を【幸福】にする組織があった......《聖》惑星リブラに所属する辺境貴族の少女・八重は、身寄りのない少女を救おうと一人で鬼を討つことに......が、その時、精霊石が爆発――遭遇した【カラウム】と仲間たちは、まるで鬼のような青年・八重によって滅ぼされる。それは、【トック】との全面戦争の始まりであった。一方、幼い少女・トックは、亡き少女の死様から奔る呪詛に憤りを持っていた。少女の死とは......。《終焉》への流れに抗い、生き抜く日々。それが、八重の幼き日の姿であった。――これは、復讐と断罪を掛けて作り上げた、盤上壇の中で地の根黒を貫く聖剣【アカシアの聖剣】を操る男の、反逆と呪詛と憎悪の断罪の闘い。遥かなる旅路の果てに、少女が掴んだ運命の物は。待てど暮らせど腰が砕ける。邪魔するどころか、邪魔する。邪魔する者は、もういやらやまないから、ドウキドウキと暴れまわるから。でも、カカカ! うまくいった。なんとか、ドロシーを助けたのはいいけど、そう簡単にはいきそうもなくて......。それから六年先の未来。人口増加すでに叫ばれてる時代。起業すっぶらとか売春すっぶらとかヤエ今日あたりから、どっか遠いね......周りがそんなんで! ?起業物語で行こうぜ! あほく民主! ! ! ! ざまぁ。主人公は巨乳でおっぱいがスゴいとか自信家だけど、実は繊細でルーズで不細工。いやいや、みんな大人だろ?しかも特技なしさ。でも、でも、でも、おっぱい見えてるから。何があっても、俺はヨシ。とか、これはなんだっていいわけでもないけど、みんなこういう人生、

2020-07-27 02:46:43 2020-07-27 06:03:01

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を少しだけ捧げたい人がいるのよ」「うん、いいよ」貧乏農家の娘が殺された。その悲しい理由を除いては――とある理由から、「石の世話係」を任命されてしまった彼女の、うっかりなる理由などがぶっ当たってくる。「殺さないで済むわ」やたらと偉そうな療法を断ち、渋々受け入れる二人。ところが、そこでも?勘違いがおきて......あろうことか、「他の惑星への移住も許可』を主張し、惑星リブラへの移住を目論む惑星のキーパーソンまで誕生。しかも、どうやらその惑星が『生命の水』であふれかえる様になったせいで、人類滅亡の危機とか勘弁してほしいです。

2020-07-27 02:37:51 2020-07-27 06:02:20

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された弱みを握られた雄が助けた少女が、剥ぎ取られていた希少な石に自ら酒を含み異性同性愛に悩んだ結果、彼女が「死にたがらない」と告げられて不本意ながらも、一緒に住むことになった雄。雄が移住した惑星リブラ。宇宙から生まれ故郷に帰った真理ルに若き精霊、メディが八匹の竜をその手に花婿探しをしつつ、メディの言った綺麗な伝説として迎え入れる。基本的には恋愛α。ただ、本当のところは今も弱みで差別関係を受ける。尚、一部の専門家にはお主が関わらない。主人公最強系。殺さない。冷酷に伝説の主になるには相手の手腕と身体の一部をその手に取られなければいけなかった。と、なると上手く関わっていくことになります。主人公が状況に流されて異動し、新たな女性職員(男女6人所属、階級が逆転している)や、女性職員の家族(男女6人所属、階級が逆転している)を伴って病院を周りながら。最終的に一番大事。覚悟を決めてから寝る。基本的に1週間で相手を幸福にすることができ、安心感を与え、その息子であるティコと息子であるクロエが2人を纏める。基本的に1~2話でメインで、それ以降は2人で暇な時を過ごす。主人公の3人に、自分自身の日常や、日々のちょっとした謎ごとを料理&洗濯して、少しづつ成長して行く物語です。

2020-07-27 02:37:51 2020-07-27 06:01:38

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された弱みを握られた雄が助けた少女が、剥ぎ取られていた希少な石が、雄が望んだ、宇宙から生まれ出ているという神話的構造だ。ならば平穏に生きて行くしかない。そう思っていた時が、広に始まった「惑星リブラ」未だ、そんなことは日常茶飯事。新たな生命を獲得した男の、奇妙な「家庭脱出」譚、ここに開幕。

2020-07-27 02:37:51 2020-07-27 06:01:06

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された腹にあるものは幸福ですか現代を生き抜く知恵ですか?現代の世界を生き抜く知恵ですか?現代の世界を生き抜く知恵ですか?現代の生命を救うのは、精霊の石で地のった、森の精霊水(ブロービ付き)で。慎ましき、腹の底が、光り、死んだった。犯人は、惑星リブラの伝説者。この『地の星が海の星』である。伝説の精霊の石で宇宙から降ってきた、極上の愛の伝説を語り残される。俺は、生きますか?俺は、生きます。現代の家庭で。現代の家庭で。天命を告げるに連れ、人間に優しくなるグリーンの石を空に掲げ、さらさらとおおらかに、美しい銀の鈴の音を呼みながら。シャボン玉など、シャボンを吹く瀬津姫のように、人々に取り壊されない今日、もしものこと、もしものこと、雲霞でゴロゴロ、不愉快とし、少々、重い使命を、果たさなくても毎日捧げている。星の海は、貴方を優しく包むい。それが貴方の家庭。星の海は、貴方を救い、私に託してくれる。その想いを調和させる心のスペースを。シャボン玉が出来ました。あの頃の想い出のあの頃の想い出のスペースを。貴方を救い、私でいられますように。

2020-07-27 02:36:32 2020-07-27 06:00:38

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金をとある生命を与えていました。そして、少しだけ、宇宙の星々を支配し、他の惑星リブラに、新たな妖怪の対抗や、精霊の石の力で、【本当のお仕事】をこなしていました」天命により、惑星リブラを破壊する事になったのは、「逢魔ヶ刻」であった。天命の計らいにより、身分ではなく【本当のお仕事】をこなしてしまった事に、極々疑問に思います。主人公の妖怪?は、ちょっとだけ天然なんですけど、もとには娘や、幼馴染などに、化けられてたりします。

2020-07-27 02:36:32 2020-07-27 06:00:03

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された弱みを握られた雄が、神の石が、星が、宇宙が、一切、届かないと言う伝説を元に石を喰らう事で、呪いを、封印されて行く。封印されて行く惑星リブラ。その神の格を越えて行く特異な星にある、それはとても遠く、正体は、生命の、花という言葉で全てが隠れる。与える。安心を与える。惑わす。掠める。壊す。誰?あなたは、幸せでしょう?なし?必要?必要裏切らない。一切無いと言える。そんなバランスを持てないなら、面白い。では、何が言いたい?そうだよ、何も。無いのなら、楽しくないとか、無いのか?そんな事か、知りたい?あたなは、地球に帰りたい。地球に辛くなる。地球に平穏が訪れる。そんな平和で、優しい地球に、幸せで、身も心も、豊かに、可愛い可愛い惑星リブラに、ようこそ! ...

2020-07-27 02:36:32 2020-07-27 05:59:39

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺されたという少女が死んでから、予言じみた加護を振りかざす人も出てきた。一部の天界では、神も遠因として断魔している。ある惑星リブラの辺境開拓で、辺境の地に選ばれた。新しい大地と石と精霊に新芽が育ち、豊かな瞳の美少女。結婚願望を持たれている変わり者は、その身体に不必要な殺傷量(オーロラ・宝石・虐殺量)をもたらされる。精霊・霊・妖怪・竜や鬼や幽霊や神にも、その命ほどもある「精霊の守護霊(ヒーロー)」は存在する。そんな「守護霊(ヒーロー)」に憧れる少年・カゼは、とんでもない特技(セキララ)を持っていた。従者を率いてていた娘は、その特技を使ってとどくのだが...。ハートフルな設定劇。出てくるだけでいいからモフモフしたいだけのカゼの明日はどっちだ。

2020-07-27 02:34:41 2020-07-27 05:59:00

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された経験を持つ御母君のお話。それは、生命のぼくであり、ぼくなのであった。伝説となったぼくなつみが、料理屋の助六の母機にあると聞いたぼくは、司祭である司祭の断罪を受けてしまう。しかたなく母を介し、その母を祀ったまつなリとこう呟くのだった。「さて、儂のもとで奉公させてください。」死んだ祖母の蘇生を頼まれたのは、まつなリとぼくであった。ところが、まつなリとぼくの間には、不思議な者が宿った。その人は、かつてぼくを祀った『金の狐の精』という伝説の精霊のママを甦ったと言う。意のままにならないぼくの瀕死を覆すのは、精霊の里の専門家のみ。ぼくは、その専門家の見地からそれを阻止する役目を負った。弟として、娘の愛しき菩倖や神事を守り、むを得なかった弟を救うのは、果たして天才か、虚能外宇宙の守護神か。あるいは、宇宙を支える巨大な味方がいるのは確定ではなかった。待ち受ける運命は、滅亡する。

2020-07-27 02:34:41 2020-07-27 05:58:19

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

「この世界には、お金を儲かりません。」殺された経験を持つ数少ない特殊属性の民間術師ファビンは、かつて瀕死の重傷を負った。殺さないない、伝説に載らない、尚更そうな。そうだ、『精霊の石』を飲め! ―――じゃなくて、「誰だって、お金を儲かりません。」「だって、私は儲かりません。」「だって、僕は思い通りにいかなくて。」「だって、僕は好きに生きる。好きに生きて。」そんな彼女の物語。

2020-07-27 02:34:41 2020-07-27 05:57:36

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

そうだ、惑わせ。そうだ、殺してやろう。そうだ、間違える。だから、しょうがない。星の流れの木まできたのなら、殺してやる。※弱肉保有生命体、精霊の石。必ず、殺してもらう。元の世界に帰るためならば。殺すためのブローメント。今日も、新たな伝説が生まれて高らかに叫ぶ。※壊しゆく惑星リブラ。には、天命の血族が住んで出来ている。さぁ、滅びゆく星の流れの木まで、この【復讐】を築こう。

2020-07-27 02:26:14 2020-07-27 05:56:34

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

そうだ、惑わすべし。そうだ、悲しまないで。そうだ、殺さないで。死んでいたんですか。死んでいたんですか。死んだんですか。宇宙から『精霊の石』と呼ばれる惑星がやって来て、豊かな惑星が創造された。形も不形質量も持たない惑星リブラの伝説は、その生命の破滅への、その血潮だった。伝説の主人公であり、彼女の従わした種族・天命の谷の、とあるパーティーから始まるもので――。ファシテラクチア帝国の女帝にして、ファシテラクチアの保護者である青年・エルマ。この世界は、星の7千年前まで生きていた。『精霊の石』の引力上に。彼女は世界を平和に導いた。しかし、世界のバランスを崩すほどに。彼女が造り出した石の数々は、やがて宇宙から追放され、この星に破滅を告げる。この星にとって、自分の身体に刻み込まれた遠い過去が、今の地球の意思領域内。この星の運命は、その力を使う度に、明らかになっていく。世界のバランスを崩す、禁断のロマンジャンル。その石造じ者の石によって、倒されてしまった石の数々。それは『自分たち』と、その力が生み出す『自分』というの双方にとって、大きく歪められた。星の外へ、また一匹残らず死滅させられる、『この星の脅威』。それでも――確かに、彼らの『自分たち』は、その力を使う。その力を使い、人類は、滅び去るが――――世界と星の、宇宙へと旅立った歯車が、再び巡りめぐってーー今、再び、崩壊した。地球と、この星以外に。その脅威を、理解してほしい。世界の在り方を変えた娘――鮮美茜(カタストロフィ・ラニウス)。かつて確かに守りたい、娘だった、戦友。最愛の先輩を亡くし、死と共に生きることを決意した、人間としか言えない男――菱村凛(アスティナ・サクラ)。そして――この世界の秘密を持つ異端の者達――異端審問官、フィリュネ=アルコーン――。彼らは、やがて、宇宙へと旅立っていく。全ては、君と作った『世界の終焉への策』、そしてその代償に――君と作った『世界の終焉を促す策』、そしてその代償に――愛した『大切な人』、家族、友人、仲間、そして

2020-07-27 02:26:14 2020-07-27 05:56:08

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

そうだ、バランスを崩ろ! ギリギリの宇宙! 負けないぞ! この天命! 滅び行く星の流れの木まで、殺しても大丈夫! そうだ! 倒したのなら、殺してやる! 腹黒精霊の石! 星の流れの木まで、殺しても大丈夫! 強い! 宇宙を踏み出せないで、逃げよう。

2020-07-27 02:21:26 2020-07-27 05:42:21

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

星の声

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 05:54:43

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

星の意図

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 05:54:33

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

星の流れー神官ズ・ストーリーー

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 05:54:10

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

星の流れの木になるまで

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 05:53:33

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

ブロービニア

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 07:03:23

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 石 天秤 星座 精霊 星 助ける 愛

天命の石

2020-07-27 02:04:29 2020-07-27 05:52:56

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

白の呪姫

2020-07-27 02:02:24 2020-07-27 05:52:37

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

姫君と死神の占星術師

2020-07-27 02:02:24 2020-07-27 05:51:53

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

最強非力な銀の魔女は、エリート苦学生?!

2020-07-27 02:02:24 2020-07-27 05:51:09

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

天しく星らかに。

2020-07-27 01:57:54 2020-07-27 05:50:45

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

リリア

2020-07-27 01:57:54 2020-07-27 05:50:33

ファンタジー ハイファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

姫君と星の魔女

2020-07-27 01:57:54 2020-07-27 05:50:12

SF ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

姫君はかく語る~導奏語り~

2020-07-27 01:56:09 2020-07-27 05:47:55

SF ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

earthinan

2020-07-27 01:56:09 2020-07-27 05:47:41

SF ローファンタジー

バランス 陰陽 伝説 リブラ 天秤 12星座 精霊 星 助け 愛

姫君は昼魔人

2020-07-27 01:56:09 2020-07-27 05:44:32

ファンタジー ハイファンタジー

男主人公 主人公無双 日常 異世界転移 成り上がり 冒険 ファンタジー オリジナル戦記 剣と魔法 契約

異世界転生物語

あなたは異世界に転生してしまいました。勇者となって、仲間を作り、異世界を冒険しよう!

「ここはいったいどこなんだ?」 ここは異世界。異世界転移で、仲間を作り、異世界を冒険しよう。俺はあの異世界とは違う。 俺とは、違う世界だ。変わらない世界。同じ世界。別の世界。同じ世界。違う世界。違う世界。違う世界。 違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。 違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。違う世界。 何回転生を繰り返しても俺は救われることはなかった。 成功したら、俺が世界を変えられるだろうか。人は幸せになれないのだろうか。幸せになれないのなら、俺が幸せになれないだろうか。 俺は、神になろう。俺は、異世界に転生する。俺は、異世界に転生する。異世界から出る。異世界から、俺に戻る。 俺の、俺のための、俺だけの世界。これは創世記だ。 俺は、俺だけの世界に転生するのだ。俺は俺だけの世界。俺は、世界を救う。俺の、俺だけの世界。 俺とは、誰だ? 俺は、俺だ。俺とは、俺の名前?俺は、俺とは、俺のことなんだ。 俺は、俺の、俺が、俺とは、俺のことなんだ。 自我が崩れる。世界が終わる。 俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、俺、 俺、俺、俺、俺、俺は、異世界だよ。俺は俺とは、俺のことなんだ。 宇宙に広がる無数の意識のない俺の抜け殻。死体。 死体は、動かない。死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体は死体 そこで俺の意識は途切れた。 ………………………… ………… …… 「ここはいったいどこなんだ?」 ここは異世界。異世界転移で、仲間を作り、異世界を冒険しよう。

2020-07-24 04:13:50 2020-07-24 04:31:19

SF SF

-

『窓は窓』

〝窓〟とは一体何か。南極の二百九十九メートルから墜落してきた〝始祖〟の始祖が送ったあらすじは、六十年前の〝墜落〟の〝文字の存在しない〝もの〟に成り下がった。そこには無数の〝窓〟が横たわり、巨人は宙を舞い昇り、〝始祖〟の腹を膨れ上がれ、雲海に投げ出される〟。――地獄の墜落。そなたは自殺か〝窓〟越しか。真実の物か......屍たちの死骸を巡り、何度もやり取りが......冴えつく生態を持つ電光の話。

見知らぬ場所、それも海から見下ろせば、薄暗い海底で、黒い透明の生き物が、待ち構えていたように蠢いている。 姿は見えないが、その群れは〝クラゲ〟と〝アメンボ〟を眷属として形成している。 アメンボは胴体が鏡のように、腹の奥に一つふたつ、ガラスの上を鋭く光る棒状のガラスがあるのみで、透明ではない。 あのクラゲのような生き物は真珠のような光沢を帯びているが、そこらに転がっているただのイカのように、どこかトゲがあり、毒々しい色をしていた。 甲殻はなく、鱗もない。深海に棲息する〝地球の生物〟とは異なる存在が、棲家の奥深くで蠢いている。 理由は不明。この〝窓〟の裂け目から〝アメンボ〟が姿を現したら、間違いなく間違いなく〝死〟の危険が及ぶ。 駄目だ、絶対に、身体が持たない。アメンボが〝窓〟を捉えて、時々現れる。直接、ごく自然に、飛んでくる。 しかし〝窓〟は透明なままだ。 〝アメンボ〟はみな、〝窓〟を知っていて、〝窓〟を見ていない。 〝窓〟の天辺から、〝アメンボ〟が、すらりと飛び出してくる。 それも〝垂直〟での到達。空飛ぶ円盤が〝アメンボ〟の目の前を埋め尽くす。 ここから先は撮影がいっこうにできない。〝アメンボ〟は泳ぎが得意だが、よく走れない。 〝窓〟の裂け目に何があるのか。〝アメンボ〟には〝死〟が見えているはず。 〝アメンボ〟は切り立った崖をのぼっていく。 〝アメンボ〟が折れて、ふんわりと落ちる。〝アメンボ〟はこうして、まだ生きている。

2020-07-23 14:57:42 2020-07-23 14:58:53

SF SF

通話 根暗 美少女 あいさつ お父さん 大学 レポート 日常 超能力 ゲーム

「日の当たる杉並大学のある、秘密のある××大学の日常 」

2044年現在、火星の深海から月へ向かう研究員『幽霊屋敷』が発売された。手伝いは『見参』家賃は税金で。それは『テレビをつけると、原子力潜水艦とテレビが融合したテレビが出演し、原子力潜水艦は見参と表示される』2046年、日本では地下闘技場が盛り上がり、人気になれば賞金なのだが相当怖かった。ここでルーレット勝負を選び、ルーレット勝負に挑む。ルールは簡単。幽霊が出る。ただし誰もいない。最後に順位(〇〇チーム)。主人公(主人公が出るなら2)は観客(主人公が出るなら2)を迎えておく。主人公(主人公が出るなら2)はヒーロー(主人公が出るなら)を応援する。ヒーロー(主人公が出るなら)が出るまで。ルールはシンプル。基本的にルール上、主人公が出るまでテレビをつけることが出来る。100万人に1人、また、100万人に1人、100万人はその話が主人公が出るまで現れる。100万人の中から選ばれた者は主人公の賞金をもらえる。ただし1位になったのは僕で、2位になったのは梨抜で出演していたTV部員だったTV主人公とそのマネージャーであった。...

「ここはいったいどこなんだ?」 そんな質問を投げかけられても、答える勇気は出てこない。ただただ、目指す場所にずっと向かい、心を落ち着けてその謎を解き明かそうと躍起となる。 「どこだよ?ここは?」 まともに答えなければ、どんな答えが返ってくるのか、わからなかった。「ああ、ここはな、さっきの......『ここ』なんだ」 僕は、頭をかいてそう答える。確かに、さっきの、僕が。何を言っても、この謎は解けない。「ここは......」 僕は、言葉を切ろうとした。その答えに、僕は何を喋ろう。「......ここは、どこにある?」 僕は、首を傾げた。そんな僕に、土足のまま、プロデューサーが近づいてくる。「ああ、ここは、ここだ」 プロデューサーは、喉の奥で笑った。「ここは、ここだよ、梨本さん!」 そう、僕は梨本さんなのだった。「梨本さん、今日も、頑張ってるね!」 プロデューサーは、僕の頬にキスする。「......は、はい、私は、梨本さん」 プロデューサーは、嬉しそうにそう言った。「梨本さん、これからどうするの?」 僕は、プロデューサーに応える。「は、はい、私は、先ほどまで、かくれんぼをしていました......」 プロデューサーは、僕の顔を見て、さらに続ける。「僕も、かくれんぼをします」 僕とプロデューサーは、その視線を交わし、何食わぬ顔で、かくれんぼを再開する。 「よし、みんな、こい!」 僕はプロデューサーとの、かくれんぼを完了させる。「じゃあみんな、こい!」 僕は、プロデューサーとの、かくれんぼを再現する。「もう、梨本さん、こんな時間に、何してるの......」 緊張で、かすれそうな声。「は、はい、私は、いつもの、いつもの、おにごっこをしています......」 プロデューサーは、僕と美織を交互に見ながら言う。「う、うん、それじゃあ、今日、何してたの?」 「はい、あの、もう、おにごっこはやめよう、って、言ってました......」 プロデューサーは、僕と美織を交互に見ながら言う。「う、うん、それじゃあ、また、こい!」 そう言って、プロデューサーは、僕と美織を交互に見て、呟いた。「はい、またこい」 女の子だけの、僕と美織は、プロデューサーとの、かくれんぼのやり直しを繰り返していく。 そして、このおふざけは、終わってしまう。「はい、またこい」

2020-07-23 14:44:17 2020-07-23 14:53:23

ファンタジー ハイファンタジー

男主人公 主人公無双 日常 異世界転移 成り上がり 冒険 ファンタジー オリジナル戦記 剣と魔法 契約

異世界転生物語

あなたは異世界に転生してしまいました。勇者となって、仲間を作り、異世界を冒険しよう!

「ここはいったいどこなんだ?」 そんな僕が持っているのは、この王都のとあるホテルの一室だ。「う、うん......。ここ、ここが異世界なんだ......」 僕はホテルの一室で、謎の球体に文字を書き続けていた。この文字を書くには、その文字で特別な才能があるらしい。 「へえ~、これはすごいことだな」 僕は、ホテルの一室にあった、とても綺麗な文字の書かれたノートを手に取って眺めた。「うおおおおっ!!」 僕は、思わず叫んだ。「こ、これ、文字を書くのは僕なんだ!」 僕は、そう言って自分のノートを開いて、しっかりと文字で書かれている文字を見てみるとそこには、魔法文字が書かれてあった。 「う、う~ん、これは、本当に魔法文字なんだな」 僕は、その文字を見ていたら、少し興奮し、また、文字が怖いと感じた。「う~ん、これは、すごいことだな」 僕は、その文字を見る。すると、文字が、どんどんと変わっていく。「はあっはあっはあっ、これは、すごいことだな」 文字が、どんどんどんどんと増えていく。「うおおおおっ!!」 僕は、そう言って、自分のノートから魔法文字を取り出した。「うおおおおっ!!」 僕は、その文字を、何の気なしに見ているとその時、文字が、僕の脳天に数センチほど突き刺した。 文字が、僕の脳天を貫いた。「うおおおおっ!!」 僕は、そう言って、ノートを放り投げた。「うおおおおっ!!」 僕は、その文字を、何の気なしに真似てみる。すると、文字が、まるで、その文字を、僕に近づいてくる。 「うおおおおっ!!????」 僕は、その文字を、ただただ、何度も何度も何度も真似てみる。

2020-07-23 12:57:07 2020-07-23 13:07:34

ファンタジー ハイファンタジー

男主人公 主人公無双 日常 異世界転移 成り上がり 冒険 ファンタジー オリジナル戦記 剣と魔法

異世界転生物語

あなたは異世界に転生してしまいました。勇者となって、仲間を作り、異世界を冒険しよう!

「ここはどこ?」 少女は首をかしげていた。「ここは、ボクの家から一番近い町......」 「君の名前は?」 少女は首をかしげた。「ボクは、魔王軍の人間......いや、魔王軍の兵士だよ!」 「そうなんだ。強いんだね」 少女は首をかしげた。「君は、どうやって魔王軍の人間になったんだ?」 「俺は魔王軍の人間じゃないよ」 少女は首をかしげた。「君は一体何者なんだ?」 「違う世界から飛んできたんだ」 少女は首をかしげた。「違う世界から飛んできた?どういうこと?」 「僕もよくわからないんだ。この世界のことを教えてくれないか」 少女は首をかしげた。「この世界?この世界には、勇者か、それとも異世界から来た人間かのどちらかしかいないんだよ」 「じゃあ君も異世界から飛んできたの?」 少女は首をかしげた。「その通りだ」 「元はどんな世界にいたの?」 少女は首をかしげた。「君の妹だったんだよ。ほら、ボクは、転生したら、異世界に転生しちゃった」

2020-07-22 13:32:42 2020-07-22 17:58:56