AI BunChoの使い方

AI BunChoを使って、小説のタイトル・あらすじを生成したり、「AI TRPG」をプレイすることができます。

執筆の時、言葉が出てこないときや、執筆に詰まったときなどに対話型執筆を利用すると、より文章を続かせることができます。



AI TRPG

「AI TRPG」ではAIがGMをしてくれるTRPGができます。行動や発言を入力することでAIのGMが物語を進行させ、イベントを発生させます。


...

行動

「何をする?」の欄に行動や発言を入力すると、プレイが進みます。

クエストを達成してクリアを目指すか、気ままにプレイするか、GMに無茶振りをするか……全て自由です!

クエスト

一定条件を満たすとクエストが発生します。画面左に発生・達成したクエストが表示されます。

...

イベント

...

一定条件を満たすとイベントが発生します。

招待リンク

右クリックで、今プレイしているAI TRPGへの招待リンクをコピーすることができます。招待された人はログインする必要はありません。

入室ログ

入室した人のログです。



タイトル生成

タイトル生成のページでは、好きなジャンルやキーワードを入力することで、小説のタイトルを生成することができます。


...

設定項目

右(スマートフォンだと下)の入力欄にジャンルやキーワードを入力します。

...

テンプレート

見本として、いくつかテンプレートを用意してみたので、試してみてください。例えば桃太郎だとこのような形になります。

...

タイトルキーワード

設定などを自由に書いてください。入れるワードはどんなものでも大丈夫です。

普通は結びつかないワードを入れると、面白い結果が出てきます。

「キーワードランダム生成」を押すと、ランダムにキーワードを出力します。どのようなワードを入れたらいいかわからないときお使いください。

キーワードをより増やしたい場合は、スペースで区切って入力すると認識されます。

...

あらすじ

既にあらすじや導入がある場合は、それを入力することで考慮したタイトル生成をします。

生成結果

タイトル生成ボタンを押して待つと、結果はこのようになりました。

...

ツイート

ツイートボタンを押すと、Twitterに投稿できます。

...

「このタイトルであらすじ生成」

「このタイトルであらすじ生成」ボタンを押すと、入力した条件や生成されたタイトルを引き継いで、あらすじ生成画面へ行くことができます。

...



あらすじ生成

あらすじ生成のページでは、好きなジャンルやキーワード・タイトルを入力することで、小説のあらすじ(導入)を生成することができます。使い方は基本的にタイトル生成と同じです。

...

設定項目

右(スマートフォンだと下)の入力欄にジャンルやキーワードを入力します。

...

テンプレート

見本として、いくつかテンプレートを用意してみたので、試してみてください。例えばスペース桃太郎だとこのような形になります。

...

あらすじキーワード

生成するあらすじに出現させたいワードを自由に書いてください。入れるワードはどんなものでも大丈夫です。

同じワードを何回も入れると、より出現しやすくなります。

普通は結びつかないワードを入れると、面白い結果が出てきます。

「あらすじキーワードのみランダム生成」を押すと、ランダムにキーワードを出力します。どのようなワードを入れたらいいかわからないときお使いください。

キーワードをより増やしたい場合は、スペースで区切って入力すると認識されます。

...

生成結果

あらすじ生成ボタンを押して待つと、結果はこのようになりました(速い場合は20秒ほど、混み合っていると数分かかります)。

...

ツイート

ツイートボタンを押すと、Twitterに投稿できます。

...

画像保存

「シェア用の画像をダウンロード」ボタンを押すと生成したあらすじを画像としてダウンロードできます(あらすじが長いときのシェア用にお使いください)。

見本 ...

対話型執筆

対話型執筆のページでは、設定や文章を入力すると、物語の続きを提案します。

...

設定

世界観

ジャンルやあらすじなどを設定することで、AIがそれを考慮して本文を生成します。

パラメーター

ランダム性を調整できます。

生成トークン数を調整できます。

生成トークン数は、生成トークン数 x 選択肢数が最大生成トークン数以下になるように調整されます。





ホーム画面に追加

スマートフォンの場合、ホーム画面に追加すると他のアプリと同じように使うことができます。

... ...

注意

センシティブな表現が出力されることがあります。ご了承ください。

実際にAI BunChoを使って小説を書かれる際は、既存作品の著作権等を侵害していないか、よく調べてから書き始めていただくよう、お願いいたします。

利用規約をよくご確認してお使いください。

引用

ご自由にシェアしてください。AI BunChoを使用したという明記は要りません。

お問い合わせ

メールでのご質問やお問い合わせなどは osone.hiroyuki.su [at] alumni.tsukuba.ac.jp またはTwitter公式アカウント@Bun_Cho_のDMまでよろしくお願いいたします。